2016

「MIKU EXPO JAPAN TOUR 企画展」&「小林賢太郎がコントや演劇のためにつくった美術 展」他

■ 「MIKU EXPO JAPAN TOUR EXHIBITION IN PARCO」

miku1

miku2

MIKU EXPO 日本ツアー企画展&ショップを見てきました。

グッズ販売がメインかなぁと思っていましたが、イラストやパネル、

フィギュア・グッズ等の展示もあってそれなりに見応えがありました。

著名イラストレーターさんたちの描き下ろしがたくさん。豪華です。

 

miku3

今回はルカさんが来福。関西に続いて二度目のお披露目なのだそうです。

 

mikubook

残念ながら今展の図録はないのですが、アメリカ・ロサンゼルスで開催された

初音ミクを題材にしたアートギャラリーにて販売された図録が売っています。

これは貴重だ!ということで、思わず衝動買いしてしまいました。

海外アーティストのアプローチは日本では見られない異質なものも多くて、

とてもおもしろいです。

初音ミクというキャラクターの懐の深さを、改めて感じました。

 

 

■ 「小林賢太郎がコントや演劇のためにつくった美術 展」

kobayashi

少し前になりますが、コントユニットのラーメンズや、作家、演出等で知られる

小林賢太郎さんの美術展を見てきました。

展示数はそう多いわけではなかったのですが、小林さんの世界観をしっかり体感できる

空間が作り込まれているので、満足度の高い展覧会でした。

 

展示内で小林さんも触れてましたが、展示されてる作品すべてが演劇・コントを

成立させるためのパーツでしかない、というところにとても共感しました。

ボクも仕事で絵を描きますが、絵が「主役」であることはあまりないんですよね。

広報・広告を目的とした媒体を装飾する目的のものがほとんどです。

完成品のパーツを切り取った展覧会が、これだけ魅力的でたくさんのお客さんが

来ている様を見ると、形は違えど似たニュアンスの仕事をしている自分としては、

嬉しく感じたりもするのです。見に行って良かった。

 

 

■ かしいかえん遠足「スーパーヒーローアスレチックランドNEO」

ensoku1

ensoku2

息子が通う保育園の遠足で、数年ぶりにかしいかえんへ。懐かしい。

当日はあいにくの雨と、よりにもよってここ最近一番の冷え込みで

遊具に乗るのもためらわれる寒さ。風邪引くわw

というわけで、午前中は園内でボクが一番行ってみたかった屋内施設

「スーパーヒーローアスレチックランドNEO」に籠ることとなりました。

中は当然のごとく、子ども用のボールプールやアスレチック、物販のみですが、

アトラクションスーツやパネル展示もあって、それなりに楽しめました。

 

ensoku3

ヒーローショー前のゴーストとスペクターに会うこともできました!

こちらに向かってポーズもとってくれて嬉しかった。

ミニライス君はよくわかっていないようでしたが…w

 

| コメント(0)|

2月3日(水)ホビーライフ

■ S.H.Figuarts「特警ウィンスペクター ファイヤー」

fire1

fire2

懐かしのウインスペクターファイヤーをゲットしましたぞー!

あの宇宙刑事たちですらプレバンだったのに、ファイヤーはなんと一般販売。

ウインスペクターの人気の高さが伺えますね。

 

放送当時、星矢の聖衣大系をベースにした「着化指令」シリーズという

装着玩具が発売されてて、そのときもファイヤーだけ買ってたんです。

その頃のボクはちょうど特撮を卒業するくらいの年齢だったんですけども、

あんまりカッコ良かったのでコッソリ買ったのを覚えていますw

しかし今のフィギュア技術はすごい。劇中スーツそっくりだ。

アーマーの干渉で多少可動に制限がありますが、気になるほどではないです。

うーん、バイクルとウォルターどうしよ…w

 

 

■ 1/100「ガンダムバルバトス」

tekketsu1

tekketsu2

以前よりプラモ買うペースが落ちてしまったので、どうせなら

見栄えの良いものを集めるかーということで大きなバルバトスを。

1/100ですがMGのようなモールド追加や色分けが再現されているわけではなく、

HGをそのまま大きくしましたという印象。シールも多めです。

ふともも上のグレーはせめてシール欲しかったな。HGでもあったのに…w

 

装備品もHGとは異なり、メイスの代わりに滑空砲が付属。それと太刀。

滑空砲は差し替えナシで展開しますが、バックパックはパーツ差し替えが必要。

第1形態再現できてもメイスがなかったりと、かゆいところに手が届かない仕様です。

しかしながら、大きくて存在感のあるバルバトスが放送中に手に入り、

フレームの作りを楽しみながらも簡単に組める良キットです。

MGも早く出てくれると嬉しいですねー。

 

 

■ S.H.Figuarts「スーパーサイヤ人孫悟空 超戦士覚醒Ver.」

goku1

goku2

ドラゴンボールは悟空だけでも欲しいなぁと思ってたんですけど、

フリーザ戦のボロボロ道着を再現したリニューアル版が出るってことで

楽しみに待ってました!って、買ったの去年ですが…w

 

髪以外はフルリメイクということで、表情も可動域も見直されて

素晴らしい仕上がりになってます。素直にカッコいい。

この筋肉の分割がすごいですよね。よく動きます。

他のキャラたちもこの可動でリメイクが出るのなら、主要メンツだけでも

集めたいなと思います。ピッコロさんとかベジータとか。

置き場所がまだ確保できてないので、こんなに動くのに素立ちで飾るという

すごくもったいない感じに…w エフェクト一つくらい買おうかな。

 

| コメント(3)|

ライスお気に入りの本紹介

■ 「稲上晃 東映アニメーションワークス」

precure1

初代「ふたりはプリキュア」や「ふたりはプリキュアSplash☆Star」、

「夢のクレヨン王国」等のキャラクターデザインとして有名なアニメーター、

稲上晃さんの画集がついに発売されましたー!わーい!

プリキュアに携わった方の画集はこれで4冊目。

着々と特写写真集の所持数に近づいてきてるのが恐ろしい…w

 

 

precure2

プリキュアが始まったのは、仮面ライダー555や剣の頃だったと記憶しています。

女児向けアニメとは思えないアクロバティックなアクション、

摩訶不思議なメルヘンスティックではなく、真正面から拳で敵に立ち向かう映像は

とんでもないインパクト。セーラームーン世代には衝撃的でしたねw

そのプリキュアも、放送10年を越えるビッグタイトルにまで成長しました。

稲上さんの初期のプリキュアイラストを眺めていると、とても感慨深いです。

魅力的なキャラクターの表情・デザインは、10年経った現代においても

十分に通用するものであるというのは、オールスターズの映画を見ていれば

よくわかりますね。素晴らしい仕事だなと改めて感じました。

まだインタビューをすべて読み終えていないので、じっくりゆっくり楽しませて

もらおうと思っております。素晴らしい画集です。オススメ!

 

 

■ 「妖怪ウォッチ むかしばなし」

yokai1

yokai2

漫画家あさだみほさんがイラストを担当された妖怪ウォッチ絵本です。

幼児誌『幼稚園』に掲載されている「妖怪ウォッチむかしばなし」シリーズを

一冊にまとめたもの。大判で字も絵も見やすく、

紙本ならではのページをめくる楽しさを感じる装丁です。

 

妖怪ウォッチ関連の書籍を買うのはこれが初めて。

もともとレベルファイブさんのキャラクターデザインはどれもボクの好みなのですが、

ゲーム関連書籍よりも仕事の参考になりそうなのと、

妖怪ウォッチキャラを絵本の世界観に落とし込むという、あさださんの

アイディア・技術が素敵だなと思って即買っちゃいました。

子どもたちの評判も良好。親子で楽しめる一冊です。

 

 

■ 中村佑介「みんなのイラスト教室」

nakamura1

nakamura2

ツイッターで話題になった、中村佑介さんの「イラスト講座」「Q&A」が

ついに書籍化されました。

「プロのイラストとは?」「もっとひとに見てもらうためには?」

「どこを変えれば良いイラストになるの?」

どんなイラストハウ・トゥー本にも書かれていなかったその答えを、

投稿した生徒さんの作品を例にとり、明確に提示されています。

値段の高い参考書には手が出ない若い子たちがちゃんと買えるようにと、

表紙カバーや広告費等を削って削って、870円。

一線級で活躍されるプロのイラストレーターさんが、ここまで

わかりやすく丁寧に解説されている本は、他に見たことがありません。

 

ツイッターで中村佑介さんが「絵を描いている子供たちが

教室の隅っこにいなくてもいい環境になっていることを願って」

というニュアンスのことをおっしゃってて、大変感動したのを覚えています。

ボクもそういう子どもでしたからね。

中村佑介さんのようなトップクリエイターが、次の若い世代の花を

咲かせようとしているのが伝わる、とても優しい本です。

将来イラストや漫画、デザイン等に携わりたいなと考えている若いみなさん、

ぜひ手にとってもらいたいなと思います。

 

知名度の高くないボクのようなイラストレーターとしては、

子どもたちから絵に対して憧れを抱いてもらえるような、

良質なイラストを描き続けていくことを心がけたいと思いました。

 

 

■ アントワネット・ポーティス「まって」

matte1

本屋さんで偶然見かけて、思わず衝動買いしてしまった絵本です。

急ぐお母さんを、男の子が「まって」と呼び止めます。

子どもは、色んなものに気を取られる楽しさを。

大人は、日々何を見落としているのかを思い出させてくれる本として。

ボクは最後のシーンにグっときてしまいました。

 

 

matte3

matte2

お母さんが、何度呼び止められても怒った顔ではないのも良かったですね。

急いでいても、子どもの主張を出来る限り尊重しているのが伝わります。

去年出版されたばかりの新しい絵本ですので、書店で見かけたときは

ぜひ見てみてほしいなと思います。

 

| コメント(0)|