2016.12月

落書き「キュアモフルン」他、お仕事カットと年末のご挨拶

こんにちは、ライスです。2016年ももうあとわずかとなりました。

高らかに宣言していた落書きエグゼイドの加筆は結局間に合わず、

せめてこれだけでも…ということでキュアモフルン追加です。

これにて魔法使いプリキュアコンプリート!映画見れてないんですけどね…w

キュアモフルン

 

 

20161229

 

それからこちらは今年ラストのお仕事イラスト掲載。載せられる分はこれで全部!

ちょっと少なめですが、チラシや新聞広告などに使用されました。

主線ナシのイラストは媒体の背景の色にも影響されるので、

デザインも自分で作るもののほうが楽だったりします。

 

 

minirice

最後はエグゼイドポーズのミニライスくんとモモさん、

そしてじゅちゅしきLV2のライスさんイラストで締め。

HP更新の頻度が減っていて反省しております。

後半はちょっとした落書きとイベントレポばかりだったもんなぁ…

来年は版権イラストに限らず、色んなジャンルの絵を載せられるように

工夫してがんばりたいと思います。

あとはホビーやゲームですね。今の自分の生活サイクルにあった記事を

作れるように考えてみようと思っています。

 

というわけで、今年のHP更新は今日で終わりです。

Twitterではずっと呟いてると思いますが…w

みなさま、来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

| コメント(0)|

お仕事イラスト「わたしたちの文集(2016年度)」表紙イラスト

H28年度わたしたちの文集

二年ぶりになります。福岡県・熊本県の小学生の作文集

「わたしたちの文集」と「ゆめ」の表紙イラストを描かせていただきました。

掲載許可をいただき、ありがとうございます。

 

 

代理店の方と、来年はどういう題材でいきましょうかという打ち合わせから

始まるのですが、その会議の数ヶ月前に熊本の震災がありました。

熊本の子供たちも手にする本になるのですから、

最初は非常にデリケートな部分から話を進めていきました。

そのうちに、この本が届く頃には多くの子供たちが前向きな気持ちで

毎日を生きているだろうから、表紙を見るたびに恐怖や不安を

思い返してしまうようなものは違うだろうと、そういう答えが出ました。

 

 

そういった経緯から今年は、国や時代は違えど、現代に生きる私たちに

様々な文化や恩恵をもたらしてくれた偉人、名画、世界遺産などを

モチーフとし、明るく賑やかなタッチと世界観でありながら

次の時代に命をつなげていくというテーマを内包するものにしました。

 

 

「例年よりもメッセージ性の強いものを」というオーダーでしたので、

直接的な表現を避けつつも、説明的な仕草も意図的に取り入れています。

 

 

例えば左側の大きな男の子ですね。空のてっぺんを指差しています。

中央上部の白くぼやけた空の向こうを「未来・将来・夢」とし、

この本を持った子に、一緒に行こうと手をさしのべて誘っています。

これまでは表紙絵の中で世界が完結するものしか描いたことがなかったので、

メタフィクション的な、現実に訴えかけるようなアプローチは初めてでした。

 

 

その道中には、偉人や名画たちが楽しげに待ち受けています。

子供によって出会う順番やタイミングはきっとバラバラだろうと思ったので、

配置場所もバラバラです。特に今回は人間キャラが多かったので、

動物たちとの配色のバランスで置いてますね。

 

 

着想は「仮面ライダーゴースト」の偉人たちがきっかけでした。

ただ、ライダーは偉人たちをパーカーゴーストという同一フォーマットに

落とし込んでキャラクター化していたので、とても映えてたんですね。

実際に本人に近い記号を持たせた人物を描いただけだと、

とても地味になってしまうなぁと。

 

 

なので、名画や世界遺産を一緒にキャラクター化することにしました。

華やかながらごった煮感もあって、さながら歴史オールスターのような

雰囲気が出せたので満足しています。

他にも出したい人物や絵画もあったんですけどね。スペース的にこれ以上は…

 

 

現代に生きる私たちは、家族や友人、職場や学校で関わりのある人たちと

一緒に生きているわけなんですけども、

たくさんの人たちが命を繋ぎ、その遺伝子がボクたちに伝わって、

それが歴史になっていくんですね。

これから先、生きていく中でつらいことだったり理不尽な出来事が

なくなることはないんですけど、どうしても前を向けないようなことがあったとき、

すぐ横を見れば誰かがあなたと手を繋ごうとしているかもしれません。

そして、この本を手にした子が誰かに手を差し伸べられる人に

なってくれると嬉しいなぁと思います。

 

 

H28年度モノクロ表紙1

H28年度モノクロ表紙2

H28年度モノクロ表紙3

こちらは冊子内の学年別の表紙用モノクロイラストです。

絵画キャラが多かったので、今回の装飾は額縁。

4年生表紙の女の子がミルクを注いでいますが、

これはフェルメールの「牛乳を注ぐ女」が題材になっています。

わかる子いるといいなぁ。

 

 

学年ごとのイラスト題材の割り振りなんですけど、

これといって決まりがあるわけではないんです。

でも例えば、作文集のようなブ厚い本を様子見でパラパラっと

めくったときに、真ん中のあたりを開きませんか?

なので、3年生や4年生の扉ページには、主人公的なポジションのキャラクターや

比較的華やかなシチュエーションのものを優先して配置したりします。

 

 

というわけで、文集表紙イラストの紹介でした。

注文してくれた福岡県と熊本県のみなさん、

本が届くまでもうしばらくお待ちください。

今も昔もみんな引き連れて、一緒に未来へ行きましょう。

 

| コメント(0)|