2013

映画「風立ちぬ」を見てきた。

映画本編の内容に触れています。ネタバレを含みますので

観賞予定の方は映画鑑賞後にお読みください。

 

 

というわけで見てきました、スタジオジブリ最新作「風立ちぬ」。

初報を見てから「宮崎さんがまた飛行機を描いてウハウハする映画だぞー!」

と思ってたのでとても楽しみにしておりました。んが、

公開前の情報解禁から少しずつ「あ、これちょっと違う雰囲気だな」ってのが

わかってきて、まったく逆の興味がわいてきたんですよね。

 

宮崎さんにとって初の、実在の人物を描いた映画と言われてますが

実際は2人の人間を混ぜ合わせたフィクション作品。

飛行機を作ることを夢見る主人公、堀越二郎の半生を描く。

ただ空を飛びたい。その純粋な夢を叶えるために彼はもがくのだけど

現実はそう上手くはいかない。

関東大震災、そして第二次世界大戦という厳しい時代の流れの中で、

求められるのは戦争の道具としての飛行機。完成度が高ければ高いほど、人が死ぬ。

そして貧困極まる国の財政。満足な材料も手に入らない。

この二郎の葛藤と宮崎さんの感覚が重なるところがおもしろいのだな。

宮崎さんは大のミリタリー好きというのは有名な話だ。

この「風立ちぬ」や「紅の豚」の原案となった「雑想ノート」という本。

ボクは大学の頃に読んだんだけど、これを見るとよくわかる。

宮崎さんも戦闘機や戦車が大好きだけど、デモなどにも参加したことが

あるほどの反戦主義者。この矛盾が二郎と強く重なり合う。

飛行機を描きたい、でもそれがなかなか形にならない人間を描く。

この矛盾した題材を天才はどう料理するのか。

今作の見どころの一つであると感じました。

 

シナリオは全体的に淡々と進む展開。の割には時間軸は繁栄に飛び、

さらに二郎の夢の世界が挿入されるので、観客を手取り足取り

引っ張ってくれるような親切設計ではないですね。

ただやはりその構成力はすさまじく、退屈に思わせないのはさすが。

個人的には関東大震災の映像表現がアニメならではのもので

とても感動しましたね。現実でも大きな地震があったばかりなのですが、

妙な思慮が入ることなく、その恐ろしさがしっかりと描写されていて良かった。

そして何より二郎とカッツェローニの夢の世界。

本編部分では描けなかった飛行機を宮崎さんがバッシバシ描いてる。

見てるだけでめっちゃ楽しんでるのが伝わるw

ジブリ飛行機好きな方はここで満足できるんじゃないかな。冒頭の鳥型も最高。

 

「風立ちぬ」は、これまで以上に人を選ぶ作品ですね。

例えばモノづくりだったり、クリエイティブな仕事に携わっている人は

強くシンパシーを感じるのではないでしょうか。

逆に共感できない人にとっては、仕事と夢のみを追いかけて

嫁さんの死に目にもあえなかったエゴまみれの男にしか見えないだろう。

しかしながらアニメ映画としては美術と音楽もやはり一級品で、

少しでも興味を持った方なら見て損はないだろうと思います。

 

それと、この映画について書くのなら触れないわけにはいかない。

大型新人声優、庵野秀明さんについて。

うん、こんな肩書きで書く日が来ようとは思ってもいなかったw

ご存知の通りエヴァンゲリオンの監督さんである。

最近のジブリは声優を使わないことでよく話題となりますが、

今回はさすがのボクもビックリした。

たまに邦画で庵野さんがカメオ出演してるのは見たことはあったけど、

主演となるとどうなるんだろう・・・という不安はもちろんあって。

で、実際に見た感想を率直に言うと、正直うまくはない。

ただ確かにいい声ではある。トトロのときの糸井さんみたいな。

当然のように考えるのが、なんで庵野さんだったのかということ。

これが映画を見て、ほんの少しだけわかった気もしたんですよね。

 

夢の中でカッツェローニが言っていたセリフ。

「パイロットに向いている人間は他にもいる。私たちは飛行機をつくる人間だ」

ちょっとうろ覚えだけどこんなことを言ってたんです。

二郎と宮崎さんを重ねたときに「パイロット(この場合声優もしくは俳優)は

他にもいる。私たちは飛行機をつくる人間(映画をつくる)人間である」と

捉えることができるなと思って。

宮崎さんとしては、二郎を演じるのは同じ制作側の人間であるべきじゃないか、

と思ったのではないかと感じました。

我ながらかなり好意的な解釈だなと思いますが、そう感じてしまったのだから

しょうがない。このへんは他の方の感想も読んでみようかと。

もちろん、話題性なんかも含まれてると思いますけどね。

 

とても鮮烈に心に残る映画で、切ないストーリーながらも

もう一度見たいと思える内容で満足でした。BD欲しいなー。

 

 

| コメント(2)|

7月31日(水)最近見に行ったイベントいろいろ

■ 「新海誠監督作品 複製原画展」in コトブキヤ福岡天神

コトブキヤ福岡天神にて開催中の「新海誠監督作品 複製原画展」を見てきました。

最新作「言の葉の庭」はもちろん、過去作のスチールや複製原画、

コンテ、イメージボード、当時の告知ポスターなどが展示されています。

展示数は少なめですが、映画の告知映像なども流れていて見応えアリ。

開期が4日までと短めなのでファンの方はぜひこの機会に。

ブキヤさん、展覧会のボリュームを大きくしてくれてありがたい限り。

アクセルワールドのときはちょっと物足りなかったからね・・・w

 

 

■ 「からくりおもちゃの世界展」in 三菱地所アルティアム

それから、イムズのアルティアムで開催中の「からくりおもちゃの世界展」。

現代技術で作られた世界中のからくり人形を展示。

ボクはおもちゃが好きなので最新玩具の進化はよく存じあげてますが、

レトロおもちゃの魅力は衰えない。

モノが動く仕組み、自分で動かす楽しみは不変ですね。

驚いたのはペーパークラフトのからくり人形で、紙とは思えないほど

精巧な動きをします。そちらは物販コーナーで実物が販売されてるので

興味ある方は作ってみてはどうでしょうか。

ボクはですね、あの、プラモ積んでるので・・・(目をそらし)

 

 

■ 「水木しげる版画展」in 福岡天神大丸

もう展示は終了しましたが、水木しげるさんの版画展も見てきました。

販売を兼ねた展示会なので数は少ないけど、水木さんの絵は

これまで見に行く機会がなかったので楽しかったですね。

手作り感あふれる妖怪たちが愛らしかったですw

 

デザインがかわいかったので、おみやげに自由帳を購入。

落書きに使おうかなと思います。大丸では現在、松本零士さんの版画展が開催中。

そちらも時間があけば見に行こうと思います。

| コメント(0)|

「楳図かずお恐怖マンガ展」に行ってきた。

ご無沙汰しております、ライスです。個人的な事情でしばらく

お休みさせていただいてましたが、少しずつ更新を再開していこうと

思っております。これからもどうぞよろしくお願いします。

 

というわけで今回は、天神ロフトで23日(火)から開催されたばかりの

楳図かずお恐怖マンガ展「ギョエーすぎるお化け屋敷!」楳怖(ウメこわ)

を見に行ってきました。世代的に楳図さんの作品は、漂流教室や

まことちゃんといった代表作しか知らないんですけど、

アトラクションのような展示と聞いてむちゃくちゃ楽しそうだったので初日に突撃。

楳図さんらしい工夫がたくさん詰まった楽しい展示会でしたよ!

 

場内はホラー感を演出するために薄暗く、怖いキャラクターたちや擬音のパネルが

飛び出している立体展示。おもしろいなー!

楳図さん描写細かいからこんだけデカいと不気味すぎるw

 

入場の際に懐中電灯が手渡されます。場内全体が薄暗いといっても

見えないほどではありませんが、これで照らしながら複製原画等を見ていくわけです。

恐怖マンガ展らしい粋な演出だなと思います。

 

カラーイラストや漫画の複製原画、そしてまるで漫画から飛び出してきたような

立体パネルや模型などがテンポ良く続くステキな空間デザイン。

ここに掲載しているのは誰が見ても大丈夫だろうと思えるものばかり。

ですが、楳図さんの漫画を愛読している方なら何となくわかるかと思いますが、

生理的にキッツイ立体物もけっこうありましたね。

多分子どもは普通に泣くレベルw

ヒヤっとするようなお化け屋敷感覚も楽しむことができますよ。

 

ホラー漫画のみならず、まことちゃんなどのギャグ漫画作品の原画も

もちろん展示してありますよ。

楳図さん秘蔵のフィギュアコレクションもなかなかの見応え。

 

来場先着順で特製トイレットペーパーがもらえます。おなじみの赤ボーダー。

紙のほうにも漫画がプリントされているみたいですが、

絵柄が怖いので何となく使うのが不安であるw

 

開催は来月21日まで。10日は楳図かずおさんのサイン会もあるそうですよ。

いつものごとく「picasa」のほうにその他の写真をアップしています。

ネタバレ大丈夫な方は、そちらもぜひご覧くださいませ。

 

 

| コメント(0)|