2012.12月

12月13日(木)ライスエトセトラ

■ Mr.Children[(an imitation)blood orange]

前作「SENSE」から約2年ぶりのオリジナルアルバム。

収録曲4曲のPVを収めたDVDが付いた初回特典版です。

今回はタイアップが11曲中6曲と多く、TVや映画で耳にした方も多かったのでは。

東日本大震災復興支援として配信された「かぞえうた」も収録されています。

アルバム発表の時点ですでに8曲が何かしらのメディアで流れていたので、

発売日当日のサプライズはあんまり感じなかったです。

毎回ミスチルは、PVまで徹底的に作り込んだアルバムの「顔」となりえる

シングル級の曲をひとつ入れてくるんですが、blood orangeでは

各々でその「顔」が変わるだろうと思える曲が多いですね、贅沢だ。

ベタだけどお気に入りは「Marshmallow day」と「常套句」。

Marshmallow dayはPVがダサポップカワイイ?ので必見w

「イミテーションの木」や「Happy Song」など、アルバムならではの

実験的な曲もすごく良かったです。

カップリングだった「End of the day」や「pieces」も好きなんだけど、

そこを外して別の曲を聞きたかったというのが本音。

 

 

■ 「PSVITA」1st impression & 「GRAVITY DAZE」

セットアップやら必要アプリなどをDLして、いよいよボクのPSVITAも本格始動。

VITA起動オープニングめっちゃくちゃカッコいいですね!

大きな可能性を秘めている、というイメージを上手く表現したビジュアル。

まだ慣れないけどUIも楽しい。ページをめくるように切り替えるのがおもしろいね。

手始めなんで、まずはPS3を介さずWi-fiを使ってVITAの動きを見てみました。

ストアへの接続やページビューはすごく快適です。

ただ、データの大きな体験版はDLにけっこうな時間がかかります。

こちらはPS3を介したほうが楽そうですね。

寝てる間や何かゲームをプレイ中に、という手もありますが。

まだまだ未体験な機能がたくさんあるので、徐々に触っていこうと思います。

 

最初のソフトは、念願の「GRAVITY DAZE」に決定。

DQ10、どうぶつの森という長いスパンのゲームと平行するので

サクっと終わるものがいいかなぁと思ってましたが、

やっぱ心からやりたい!と思えるものを遊ぶべきだよね。

独特な世界観から始まる物語と、魅力的なキャラクターでツボなゲームです。

画面にタッチ、2本のアナログスティック、ジャイロと、

本体機能を少しずつ教えてくれるような展開も上手いですね。

背面タッチを使う場面はあるのかな?

重力アクションはまだ出来ることが少ないからかそんなに難しくなく、

ボクでもやれそうで嬉しい。今だけなのかもしれんけどw

とりあえず年内クリアを目指してがんばります。

 

 

■ 「進撃の巨人」9巻

壁の中の巨人の秘密は明かされず。でも、エレンたちの同期にその鍵を握る人物が。

これまで名前の出て来なかったキャラクターにスポットを当ててきましたね。

どこに伏線張ってるのかまったく読めないなw

体毛を纏った新たな巨人は、堂々と人語を使っていた。

「首筋にいるのを知ってるんだな」と言ってたので、アニとの戦闘を

どこかで見ていた人物か。そのことを隠す気はあまりないみたいだ。

サシャの見せ場はカッコ良かったね。訛りの叫びはシビれた。

コニーの町にいた謎の巨人は、やっぱ母親なのか?

壁は破られていないのに町に大量発生した巨人たちは元人間?

何らかの方法で人間を巨人に変えていたとして、「巨人に変身」と

「巨人にされる」の条件の違いがわからないな。

 

 

| コメント(0)|

12月10日(月)週末イロイロ

■ 「ルパン三世展」

北九州市漫画ミュージアム(あるあるCity内)で開催されている

「アニメ化40周年 ルパン三世展」に行ってきました。

遅くなったけど、やっと見れたぜとっつあん!

原作者モンキー・パンチさんによるイラストや漫画原稿から、

TVシリーズ・劇場版の設定画、セル画など、膨大な数の資料を見ることができます。

他にも、TVシリーズ各OPの映像が見れたり、

メディコム・トイから発売されていた絶版フィギュアシリーズの展示。

今回のイベントのためにモンキーパンチさんが描き下ろした新規イラストや、

ルパンに携わった著名アニメーターさんの寄稿などもあって見応え十分な

展示会になっています。本編アニメの上映もやってました。

 

印象的だったのは大塚康生さんの言葉。

これからも続いていくルパン三世は、時代ごとの価値観やリテラシーの

変化に伴って新しいルパン三世へと姿形を変えていく。

だから、自分たちが携わったこれまでのルパン三世はあくまで

過去の作品であり、口出しをすることなく

新しい作り手たちにまかせておけばいい、とコメントされていました。

大きな仕事を為し得た人の言葉は違うね。やっぱすげえや。

 

物販は会場パンフレットと「峰不二子という女」のクリアファイルを購入。

どちらもキービジュアルかっこ良すぎだろう! ピンクのセレクト超センスいい。

パンフにはモンキー・パンチさんの貴重なイラストが多数収録されています。

12月28日までと残り期間短いですが、興味のある方はゼヒゼヒ!

ルパンファンなら大満足の内容ですよー!!

 

 

■ 今週の物欲消化

ルパン展のついでに、あるあるCityで無駄遣い! VIVA無駄遣い!!

年末恒例のメディコム・トイ PBM!、今年は仮面ライダーオーズ タトバコンボをゲット。

値下がり傾向だったメディコムライダーも最近は相場がステイ気味だったので、

今年は無理かなーと諦め気味でしたが偶然安価なオーズ発見できました。

 

ほんとこのシリーズはTVそのまんまですごいや。レビューはまた後日に。

 

それから、シュタインズゲート一番くじA賞「牧瀬紅莉栖」もゲット。

こちらも安価で助かった。前に見たときはかなり高かったからw

この紅莉栖はまだ市場価格が安定してないみたいで、やたら高額で

売ってるお店もチラホラ。欲しい方はしっかり探しまわったほうが良さそうです。

 

 

■ 今週のスーパーヒーロータイム

「特命戦隊ゴーバスターズ」

今回はメタロイドではなく、メガゾードにメサイヤのカードが入ってしまうという回。

ヨーコが捕まっているときにバスターズ司令部の対策や突入シーンなど、

これまでの戦隊では見られなかった描写がたくさんあっておもしろい。

最終的に出て来たエスケイプ専用のメガゾード?の力というか、

確かに強いんだけど、あんまり驚異的な感じが伝わらなかったかな。

来週は恒例のクリスマス回だけど、ゴーバスターズは上手く展開に絡めてきそうで

楽しみだ。あとエスケイプのサンタ服。

 

「仮面ライダーウィザード」

ウィザードもなかなか捻った展開でおもしろかった。

ゲートと思わせておいて、実はファントムだった。これをやるために

使い魔ケルベロスを使ってコヨミを晴人のそばから引き離している。

演出だけじゃなく、これもワイズマンが狙ってたって展開ならもっとすごいけども。

でもコヨミが辿り着いた場所にワイズマンはおらず、外には白い魔法使いが。

同一人物か?というのはミスリードな気もする。

魔法石がワイズマンから生まれているというのも驚きだった。

手に入れた青の魔法石は、ウォータードラゴン登場の布石。

予告では尻尾で攻撃してるように見えましたね。

フレイムドラゴン=頭、ハリケーンドラゴン=翼 だったので、

ランドドラゴンはひょっとすると足で攻撃かな?

 

 

 

| コメント(3)|

ウェルカムボートとサプライズプレゼント

先日のウェルカムボードです。公私共にお世話になっている先輩の結婚式で

光栄にもイラストを描かせていただきました。

お二人が好きな鳥山明さんタッチのリクエスト。雰囲気出てるかな。

 

初期の鳥山さんの画集を参考にしたので、普段使ってる製図用の0.1ペンと

万年筆タイプのペンを混ぜて、手描きの雰囲気を残しました。

手描きの鳥山さんの絵って、肌に少し浅黒い色を使ってらっしゃるんですね。

普段のイラストではあまりやらないので、どこまで濁らせるかの

加減が難しかったです。スミだけでは汚くなってしまうので

シアンを混ぜて出力紙を見ながら調整しました。

完成品に使用したマット紙が思ったよりもキレイに色が乗ってくれて、

さらに額縁のガラスが良い感じにマゼンタを引き出してくれたので

画面で見るよりもキレイな仕上がりになってホっとしました。

このへんもっと勉強せないかんですねw そしてこのお礼にと、

実はとんでもないものをいただいてしまったのです・・・。

 

 

■ PlayStation Vita

はいPS VITAなんですスミマセンこんな良いものをいただいてスミマセン!

Wi-fiモデル、最新のコスミック・レッドです。

本当に嬉しいです、ありがとうございました!

 

ウェルカムボード製作中にこのお話を聞きまして、自分としては

いつもお世話になっているお礼の気持ちで描かせていただくのだから、

そんな高価なものをいただくわけにはいきませんと、丁重にお断りしました。

ですが、「イラストに対する正当な対価を払いたい」と言っていただけました。

これはプレゼント以上に嬉しい言葉です。

フリーランスではない身で、そういった経験をさせてもらえることは

めったにありません。なので、その気持ちに対して

出来上がったイラストで応えなければならないなと思いました。

そして、一世一代の晴れ舞台で、本人たちの代わりに

ゲストの方達を迎え入れるとても重要な絵であるということへの

責任感を、改めて再確認するきっかけにもなりました。

本当にありがとうございます。せっかくいただいたので、あとはコイツを

めいっぱい遊び倒すことがお返しになると思っています。

さぁ遊ぶぞー!!

その前に、まずはメモリーカードとか保護シール買ってこないとねw

 

 

| コメント(3)|