2012.6月

6月17日(日)週末イロイロ

■ 「羽海野チカ原画展~ハチミツとライオン~」

開催告知があってからずっと楽しみにしていた、羽海野チカさんの

「羽海野チカ原画展~ハチミツとライオン~」に行ってきました。

 

入口が小さかったので「あぁ、展示数少なめなのかなー」と思ってたんですが、

会場内はかなり広く、作品展示数もかなり多くて大満足!

ハチクロの画集に載ってた絵の原画はほとんど来てたんじゃないかな。

生の原画や原稿は、やっぱりパワーが違う。

定型フォーマットに落とし込まれた印刷物じゃわからない、

細部の描き込みや質感、鉛筆や筆の流れがガッツリ伝わってくる。

羽海野さんはこのサイズで描いてたのかーなんて、とても小さなことに感動してたりしました。

 

空間デザインも、ファンにはたまらない工夫が盛りだくさん。

ハチクロやライオンで登場した小物やシーンを実物で再現してあったり、

羽海野先生の創作道具やアイデア帳の展示、さらに取材フォトと漫画シーンの対比なども。

“こんなにステキな作品が生まれる環境や作業内容を知りたい” “漫画家になりたい”

そんな思いで原画展に来てくれるファンを、とても大切にしてくれているのが良くわかる。

 

羽海野さんの作品ではハチクロ画集表紙のはぐとあゆの絵が好きだったんだけど、

3月のライオン2巻表紙絵、それと、東のエデンのメインビジュアルが強く心に残った。

特に東のエデンは、今回の原画展で一番大きな絵。空間の使い方のセンスがすげぇ。

あ、それから。入ってすぐに著名人の方々からのお祝い色紙が展示されてるんですが、

こちらも見どころ満載です。

もちろんみんなすごいんですけど、うすた先生とあずま先生、杉田智和さんは必見ですよw

 

入場者特典には「3月のライオン」オリジナルポストカード。

それから、お気に入りの一枚となった2巻表紙ひなちゃんのポストカードを買ってきました。

会期は6月26日(火)までと短め。ファンの方はもちろん、絵がお好きな方なら

大満足の原画展ですので興味のある方はゼヒゼヒ!

 

羽海野チカ原画展~ハチミツとライオン~

 

 

■ 「ステキな金縛り」

劇場に観に行けなかったので、メディア化されるのを心待ちにしていた作品。

やーっと見ることができました。三谷さんらしい、ハートフルで良質なコメディー。

舞台のような演出、大好きなんですよねー。

有頂天ホテルやマジック・アワーの人物たちが出てくるファンサービスもバッチリ。

幽霊の落ち武者が証人の裁判、よくこんな設定思いつくなーw

荒唐無稽なのに、妙に現実感を入れてそのギャップで笑わせてくれます。

前作のような腹を抱えて笑うようなシーンはありませんが、

小さな笑いを積み重ねていってラストはほっこりさせてくれます。

中井貴一さんと阿部寛さんの役回りがとてもお気に入り。オススメ。

 

 

■ 今週のスーパーヒーロータイム

「特命戦隊ゴーバスターズ」

今週はゴルフで、フォーゼもプリキュアもお休みの週でした。

ビートバスターのバスターマシン「ゴーバスタービート」が初登場。

てっきり2体合体かと思ってたら、なんとビートル単品で変形。

これは・・・スタッグ合体もあるのかな?

ゴーバスターオーとの合体も気になるところ。

しかしまぁJのキャラクターが立ちまくってておもしろいw

ニックたちは基本的に地上戦には出てこないので、インパクトだけなら

Jが上だなぁ。他のバディたちともっと絡んでほしいね。

 

 

| コメント(0)|

HG「ガンダムAGE-3 ノーマル」

ガンダムAGEもついに3世代目。HGガンダムAGE3を組みました。

今回も塗り分け完璧です。すごいな最近の1000円プラモw

 

AGE主役機の中では重量級なAGE3ですが、単体で見るとなかなかスマート。

上半身にボリュームがあってマッシブな体型。

AGE-2からまた大きく変わりましたね。両肩のウイングはZZの腕のイメージなのかな。

 

メインウエポンのシグマシスライフル。巨大火器カッコイイ。

グリップが逆手なのがおもしろいデザインですね。

あ、膝が折り曲がってしまっとるw

 

設定通り「コアファイター」と「Gセプター」に分離可能。

付属のスタンドに飾ることができます。

これまでと同じく、余剰パーツをスタンド下部に収納することができます。

 

歴代AGEシリーズと。同番組内でこれだけ主役機の風貌が変わったのは初ですね。

新しい試みでおもしろいなと思います。

今気付いたけど、AGE-1だけソールが赤なのか。

 

以上! AGE関連は7月のBB戦士AGE-3で打ち止めかな。

この3体の中では、流線型シルエットのAGE-2が一番好きかなー。

余裕があればAGE-2のMGだけは欲しいけど、置くスペースがな・・・w

 

 

 

| コメント(0)|

ONE PIECE 海賊無双

「海賊王に俺はなる!」

 

ONE PIECEと無双シリーズ、夢のコラボレーション作品。

爽快感たっぷりの無双システムで遊べるってことで

とても遊んでみたかったゲームです。

なにげに原作追体験のゲームって、これが初なんですよねワンピ。

 

■ メインログで原作を追体験

今回のウリはやっぱり原作を追従するメインログモード。

基本的にルフィのみを操作することになりますが、ストーリー展開によっては

別キャラクターを動かすことがあります。

ボタンを押す順番や回数で派生コンボが変わるのはこれまでの無双シリーズと

同じですが、やっぱりワンピースの技を使えるのは超嬉しい!

レベルが上がるまではほぼガトリング一択で大丈夫。

ワラワラ感もバッチリで、なかなか爽快感あります。

キャラクターのグラフィックも、CGモデルに漫画のようなエフェクトが

かけてあってとても好みでした。ナミさんかわいい。

 

三国や戦国と大きく違うのは、指定エリアのミッションをクリアして

奥へと進んでいく方式という点です。

どちらかというと、このへんはガンダム無双に近い。

ストーリー展開によってはムービー内でQTE(タイミングに合わせてボタンを押す行為)

が発生します。上手くいかなかったらムービーの頭から再プレイ。

ネットでよく見かける「テンポが悪い」という声は多分このへんのことかな。

ルフィのゴムゴムの実の能力を使ったエリア移動も海賊無双ならではですが、

このへんでリズムを狂わされるプレイヤーが多かったのでしょうね。

しかしこういったアクションは、他の無双シリーズとの差別化という意味で

個人的にはアリなんじゃないかなーと感じました。

シリーズを重ねて改善されれば、唯一無二の魅力に昇華できるんじゃないかと

思います。次回作に期待ですね。

 

■ アナザーログで協力プレイ

メインログをクリアしていけば「アナザーログ」が解放されていきます。

こちらではルフィ以外のキャラクターを使ったアナザーストーリーを楽しめます。

また、2人同時プレイもこちらで遊ぶことになります。

こっちはまだ少ししかプレイできてないですが、ゾロの範囲攻撃が強くて

気持ち良かったかな。サンジもスピード感があって好き。

ワンピース好きな友達同士で遊ぶと楽しいと思います。

技の再現度もなかなか高いので、盛り上がりますよ。

 

人気漫画のゲームということで、ファンの期待は高く、

色んな意見があるとは思いますが、個人的には予想通りというか、

それなりに楽しませてもらえる良作だと感じました。

キャラゲー=クソゲーという時代を過ごしたオっさんとしては、

最近のキャラゲーは素晴らしい出来だと思いますw

キレイなグラフィックと敵を吹っ飛ばす爽快感を楽しんでほしいですね。

 

 

| コメント(0)|