2012.5月

落書き「ワンピース セイリングアゲイン」

先週仕上げられなかったイラストがやっと完成。

「ワンピース」2年後の麦わら海賊団を描きました。セイリング  アゲイン!

大好きな漫画なんですけど、そう言えば描いてなかったなーと。

今回はポストカード風に。デフォルメ加減を考えながら描くのが

おもしろかった。フランキーでちょっと戸惑ったけどw

 

ちょうど今、PS3の「ワンピース 海賊無双」をプレイ中。

まだメインログしかプレイしてないですが、原作好きならかなり楽しめるゲームです。

意外にも、原作に沿ったゲームってこれが初なんですよね。

もうすぐバラティエ編が終わるかな。早くギアセカンドが使えるところまで進めたいー!

 

 

| コメント(0)|

5月27日(日)週末イロイロ

■ お出かけイロイロ

4月にオープンしたばかりの、キャナルシティのラオックスに行ってみました。

本来は海外家電をメインとするお店なのだそうですが、入口からガチャガチャや

一番くじがズラーっと並んでて、客層狙いすまし感が出てておもしろいw

ホビーはもちろん、トレーディングカードやゲーム、コミックなども充実してます。

ハイエイジトイやキッズホビーは満足な品ぞろえですが、スケールフィギュアは少し弱め。

プラモデルのメッキカラー加工をやっているそうです。これはちょっと試してみたいな。

A4サイズのランナーで大体2000円ぐらい。騎士ガンダム頼めば良かったなぁ。

品薄のSHFタイバニ関連も全種揃ってました。今ならまだ穴場かもしれませんね。

 

 

■ PS「ワンピース 海賊無双」

我が家に遊びに来た弟から、ワンピース 海賊無双をお借りした。

とりあえずバギー編までやってみたけど、なかなかおもしろい。

やっぱり好きな原作モチーフだと、食傷気味だった無双系も新鮮に感じるね。

同時に、色んなとこで聞こえてた「テンポがちょっと悪い」という評判も

やってみて何となく理由がわかった。あのQTEとフィールド移動かな。

しかしまぁ、久しぶりの据置ゲームなんでめいっぱい楽しみたいところ。

ゴムゴムのバズーカで一気に吹っ飛ばすと気持ちいい!

 

ゲームで遊ぶオジさんの横で荒ぶる姪っ子。

 

 

■ 今週のホビーイロイロ

SHFの派生フォームはスルー予定だったんだけど、この何とも言えない

愛らしさに惹かれて「仮面ライダーフォーゼ マグネットステイツ」購入。

ライダー超電磁ボンバー再現用のスタンドも付いてて、なかなかのお得感。

パッケージのカラーリングもポップでかわいい。やっぱ箱のデザインも重要だよねー。

 

先週買ったコトブキヤのブルースをパチ組み。紹介はまた後日に。

最近バンダイのプラモばかり作ってたから、ブキヤの硬派な作りを忘れていたw

やっぱニッパーないと厳しいなぁ。

 

 

■ 今週のスーパーヒーロータイム

「特命戦隊ゴーバスターズ」

初の連作回後篇。マスクオフやスーツ破壊はアーマードスーツ感が出て良いね。

昔はファンサービス扱いだったのになぁ。

久しぶりにレッドバスターの高速移動もあり、なかなか見応えのあるアクション回だった。

ラストには追加戦士とバディロイドの顔見せ。ビートバスターとスタッグバスター。

予告で素顔が出てて、「うーん、どこかで見た顔だなぁ・・・」と思ってたら、

マジレンジャーのイエローの彼か!懐かしいw

 

「仮面ライダーフォーゼ」

アクエリアス・ゾディアーツが初登場。おぉ、スーツかっこいい!

スコーピオンはミスリード誘うために普通にサソリをモチーフにしたものだったけど、

今回は女性的な意匠が組み込まれてておもしろいデザインだ。

エリーヌは根っからの悪人ではないとは思うが、スイッチを手に入れた経緯がわからない。

校長とは最初から面識あるみたいだけど。

試験中の流星がひどくて笑ったw いい感じにキャラ崩壊してきている。

今週は戦闘も良かった。最終フォーム並び立ちは画になるねー!

玩具ギミックのファイヤーも披露してくれるサービスっぷり。

普通の幹部クラスならコズミックとメテオストームで圧倒できるのね。

後篇でどうまとめるのか楽しみ。久しぶりのユウキの見せ場だ。

 

 

 

| コメント(0)|

5月24日(金)ライスエトセトラ

■ 「アイアムアヒーロー」8巻

そろそろ9巻が出るぞーって時期にやっとこさ8巻読みました。

今回の見せ場は、やはり英雄の発砲。

この崩壊した世界の中で、これまで敵を撃たずに生き抜いてきた英雄が

ついに引き金を引くということに、かなり深い意味を持たせていますね。

弾丸の装填シーンが強く、丁寧に描写されています。おもしろい魅せ方だ。

アウトレットモール編クライマックスですが、時間軸としてはあまり進行せず。

英雄が銃を撃つシーンに重きを置いているのが伝わってきますね。

しかし、そろそろ大きな伏線回収が欲しいところ。

着地点が見えないのは次を読む楽しみに繋がるのだけど、

風呂敷が広いせいか、ウヤムヤな結末になりそうで怖いな・・・。

 

■ 「ビブリア古書堂の事件手帖 栞子さんと奇妙な客人たち」

三上延さんの「ビブリア古書堂の事件手帖」読了。

ライトノベルを読むのは何年ぶりだろうかw

古本屋と古書を題材にした四編からなる連作短編集。

語り部役は本を読むことが苦手な青年。彼が女主人・栞子さんの助手のような

ポジションで事件解決のために走り回ります。

血なまぐさい話はなく、本に関する思いや歴史に重点を置いたストーリー。

友人から薦められて読んだのですが、確かにおもしろかった。

本屋でもけっこう平積みされてますね。

ミステリーとしては若干甘め。先の読みやすい伏線ですが、作風が素直なので

そんなに気にはならないです。ドラマやアニメに非常に向いている作品ですね。

手元に2巻もあるので続けて読む予定。次のゲーム買うまでに何とか読み終わりたいw

 

■ 「東京トイボックス」


ゲーム業界にスポットを当てた「東京トイボックス」。熱い!とても熱い漫画だ!

作りたいゲームが作れず、パチンコムービーの制作で食いつなぐ

下請けゲーム制作会社が舞台。

憧れていた仕事をやれない葛藤や、大人の事情で思うようにいかない苦しみなどを、

コミカル且つ情熱的に描いています。

ゲーム業界をモチーフにしたフィクション漫画って、実は初めて読んだかも。

読んだあとに知ったのですが、登場する会社のモデルとなっているのは

アクワイアだそうですね。直近では「AKIBA’S TRIP」をやったなぁw

ここから大東京トイボックスへと続いていきます。そちらも近いうちに読もう。

 

■ オマケ

書店で配布されている「宇宙兄弟×西日本新聞」の企画新聞をもらってきました。

中面はアニメシーンと絡めて、大手企業とのタイアップ広告が掲載されています。

企業ごとにキャッチコピーが違うのがおもしろいですね。

他県では他の地方紙とコラボしてるのかなー。

なかなか見応えのある仕上がりなので、ファンの方はぜひぜひ。

 

 

| コメント(0)|