2012.4月

看板娘、復活!

こんにちは、ライスです。

「Fairy Tail Convenience」の看板キャラクターを作りました。

 

このキャラ、実は10年ほど前に運営していたHPで描いてた看板娘なんです。

デザインは変えたんですけどね。

これからこのキャラクターを使って、色んな絵を描いていきたいと思います。

ボク自身から出てくる世界を、具現化していけるといいな。

 

名前は【フラビット】といいます。

知ってる人も、知らない人も、どうぞよろしくね。

 

 

| コメント(0)|

4月8日(日)週末イロイロ

■ 2年目の結婚記念日

モモさんと結婚記念のディナーに行ってきました。

今年はフレンチだったので、コーラではなくペリエを注文。

シェフおすすめのメニューと一緒にペリエを頂く。これが大人の楽しみ方ってやつさ。

この色も甘みもない炭酸水がフレンチとよくマッチし・・・

・・・うん、コーラのほうが旨いね。

珍しい苺のスープがとても美味しかったです。また行きたいな。

 

■ 竹画廊画集 2010-2011

「戯言」シリーズなどの挿絵でおなじみ、イラストレーター竹さんの

竹画廊に掲載されたイラストを収録した画集。

良い具合に肩の力が抜けるような、優しいタッチが大好きなんです。

一年分のイラストをフルカラーで。

 

有馬トモユキさんによる装丁デザインがとてもステキ。

WEBのように下へ下へとスクロールしていく流れ。

竹さんのイラストやサイトの趣旨をよく理解しているデザインだなと感じました。

誰かに見せたくてウズウズしてしまうような。そんなステキな本です。

 

■ GOOD SMILE COMPANY 1/8「牧瀬紅莉栖」

久しぶりにスケールモデル買ったどー!大好きなシュタインズ・ゲートの紅莉栖。

華奢なボディラインや、なびくロングヘアーが原作のイメージそのまま。

発売までわからなかったんですが、台座がスタンダードなものと

ラジオ会館をイメージ?したような階段台座の2種類が付属。

重要アイテム「メタルウーパ」も付いてきます。

小さくて失くしちゃいそうだから箱に入れたままですがw

 

アイプリントはhukeさん独特の瞳がしっかり再現されてます。

紅莉栖ファンには胸張ってオススメできる仕上がりです。

シュタゲで商品化されるのはほとんど助手ばかりなので、

スケールモデルとは言いませんが、せめてfigmaオカリンだけでも

出してくれると嬉しいんだけどな・・・。

 

■ 今週のスーパーヒーロータイム

「特命戦隊ゴーバスターズ」

バスターマシンの整備士にスポットを当てた7話。

巨大ロボは魔法の人形じゃなく、たくさんのスタッフによって

初めて動くマシンである、という魅せ方がおもしろい。

スイッチ一つであれだけの故障が起きるのはどうかと思うが・・・w

今回はバスターズ各々の特殊能力もバシバシ出てて

アクションも見応えがあった。毎回出てくれるともっといいんだけど。

ヒロムに対するリュウさんの立ち位置は良いですね。

年齢差があるっていう設定がとても良い方向に効いてる。

 

「仮面ライダーフォーゼ」

新入生編後半。久しぶりに弦ちゃんの良さが発揮された今回。

しかし弦ちゃんはよく飛びこむなーw

大杉先生はやはり顧問という結末に。普段は無茶苦茶な先生ですが、

蘭にスイッチの入手経路が先生からだと聞いたときはさすがにマジリアクション。

校長先生の正体に気付くのは、案外大杉先生かも。

今回もスイッチの使い方が光ってた。ついにスコップが実戦にw

ああやって使うのか・・・。ジャイロ+ガトリングの組み合わせカッコいい。

次回は流星の母校・昴星高校が舞台。アリエス・ゾディアーツが!

昴星高校と言えば、弦ちゃんの初恋の相手、撫子・・・のモデルになった子がいる。

セリフだけでも触れてくれれば嬉しいんだけどなー。期待しとこう。

 

 

| コメント(2)|

NEWラブプラス

「飛び出せ!!国民的カノジョ。」

 

ゲーム内カノジョと旅館に泊まれるプランがワイドショーに取り上げられたり、

はたまた結婚式を挙げる人が現れたりと、

色んな意味で話題なゲームの最新作「NEWラブプラス」。

美少女ゲームは普段あまりプレイしないのですが、こんだけ知名度のある

ソフトをやらないわけにはいかない!ということで、今回初挑戦してみました。

 

■ 良かった点

前作をプレイしていないので「ラブプラスTOOLS」の引き継ぎはせず、

新規で「友達パート」からスタートしました。

カレシ力(りょく)を上げつつスケジュールを進めていくと、

3人のヒロインと出会っていきます。

単に付き合うゲームなのかなと思ってたんですけど、ちゃんと3人それぞれに

バックボーンが用意されていて、しっかり感情移入できるように作られています。

ここでボクはグラグラ揺れ動いて優柔不断スキルを存分に発揮したのですがw

目当ての子のみに絞っても良し、他の娘と仲良くしても良し。

一日に組み込めるスケジュールは4つまでですが、自由度は高いです。

ヒロインたちのグラフィック、かわいくキレイに作られてます。

これでもかというくらい狙いすましたかわいい仕草をしてくるので

直球に弱い男子は要注意だ!!

横持ちでは裸眼立体視で楽しめますが、ボクはカノジョが大きく見える

縦持ちのほうが好きですね。本のように持って操作します。

 

んで、100日以内に女の子から告白されると「恋人パート」に突入。

こっからが本番です。一気にやれることが増えます。

ボクが笑ったのが「スキンシップモード」。

カノジョを撫でたり、つついたり、手を握ったりして気持ちを高めて

ハートがMAXになると「キスモード」に。

ボクはですね、大抵のものには耐性があるし気にしないほうなんですが、

これはさすがに恥ずかしかったw

一人でやってるとニヤニヤが止まらん素晴らしいシステムでございます。

それから「リアルタイムデート」。

本体内蔵時計とリンクさせて、現実時間で待ち合わせてデートすることができます。

遅刻するとメールで怒られたりします。ボクも一度怒られたw

「恋愛ってこんなことあるよねー」みたいな要素がてんこもりで、

妙にリアルなのがおもしろいですね。

恋なんてしばらくしていない、なんて人はとても楽しいと思いますよw

 

■ 改善してほしい点

ネット上では数々のバグが指摘されていますが、ボクは初プレイだったからか

あまり気にならなかったというか、気付いていない可能性が高いw

前作を遊んでないので、比較対象がなかったというのもあります。

引き継ぎで発生するバグがあるとのことでしたが、新規プレイだったので。

んでバグは置いといて、気になったのは「動作の重さ」。

キャラの動きはいいんですが、ロードや画面の切り替えなど、

全体的にモッサリしています。

この手のゲームでこれはいただけないなぁ。

スキンシップモードなどは特に、カノジョのリアルな反応が大事だと思うので、

妙な間があったり鈍い動きをされるとおもしろさが半減してしまう。

特にイベントのない授業の繋ぎなども、能力アップ以外の目的は

ないのだからサクサク進めてしまいたいところですよね。

 

「カノジョと付き合っていく」という着眼点も良く、とてもおもしろい

コンテンツだと思います。大人気になった理由はよくわかる。

それゆえに、熱心なファンがガッカリする部分が多かったのは

非常に残念に思います。ボクみたいに軽く遊ぶ程度のユーザーはともかく。

もったいないですねー。

コナミから公式コメントもあったみたいなんで、

修正版の提供など、今後の対応に注目していきたいところですね。

あ、でも、個人的にはとても楽しんでいます。

寧々(ネネ)さんが好きだぁぁぁぁぁぁぁーーー!!!!

 

 

| コメント(0)|