2012.3月

落書き「新・光神話パルテナの鏡」他

絶賛ハマっておりますパルテナの鏡。

まだ第5章ですけどね・・・。調子に乗って難易度上げてみたら

全然進めなかったw まずは1周目クリアすることが先決だね。

ディスク版からカッコ良くリメイクされたピットくん。

スマブラXに参戦したときは衝撃だったなー。良アレンジすぎる。

最近、髪や服の影を描き込むのが超楽しい。

楽しくて力入れすぎて、下半身を塗るあたりで力尽きるというw

バランス良くがんばらないとダメだね。

 

友人メガネマン君の依頼で、愛娘リったんとその親友ミクちゃん家族を描きました。

お引っ越ししてしまうそうで、その記念なのだそうです。

ボクは幼馴染みというのがいないので、ちょっとうらやましいです。

大きくなっても、仲の良い友達でいてほしいですね。

 

比較的最近描いたイラストカットいろいろ。

左下のパターンは、女性向け商品のラベル案でした。

真ん中にドーンと商品ロゴが入る感じで。

パターンやピクトグラムを作るのも、なかなかおもしろいですよ。

 

 

| コメント(3)|

「蜷川実花・蜷川宏子 二人展」に行ってきた。

天神イムズ8階の三菱地所アルティアムで開催されている

「蜷川実花・蜷川宏子 二人展」に行ってきました。

蜷川さんの写真を見るのはひさしぶりでしたねー。

相変わらず華やかでビビットな世界観。

お母さんがパッチワーク・キルト作家というのは今回初めて知ったのですけど、

やっぱり親子ですね。作品の雰囲気が似ている気がしました。

大判パネルの写真とパッチワーク・キルトが交互に展示されていて、

いいリズムを生み出していました。立体感があっておもしろい空間デザイン。

 

 

ボクが行ったときのお客さんは女性ばかり。さすがだ。

女子力が高すぎて、オジさんちょっと居心地が微妙だったよw

ボクの中でなぜか「蜷川実花さん=金魚」のイメージが強いんだけど、

ちゃんと展示してあって嬉しかった。生で見れたのは感激だ。

 

ちょっと残念だったのは、客と作品の距離が遠く感じたこと。

こないだの飯島奈美さんの展示会の時は、直筆ノートや脚本を見れるブースが

用意されていてとても貴重な体験をさせてもらったのだけど。

作品保護のためってのはよくわかりますが、せっかくのパッチワーク・キルト。

手触りを体感できたり、作業工程なんかが見れるともっと良かったな。

次回のイベントでは、小さな会場ならではの工夫を見せてもらいたい。

 

蜷川実花・蜷川宏子 二人展」開催は4月22日(日)まで。

 

 

| コメント(0)|

落書き「エウレカセブン」

 

ひさしぶりに色塗った落書き「エウレカセブン」のエウレカさん。

ニルヴァーシュはあんまり見かけないspec 3を描いてみました。

劇中に登場した雑誌「ray=out」風に。

草野さんがデザインしてたから多分ヘルベチカだろうなーと思ってたら

やっぱそうだったw 文字詰めも似せてみました。

エウレカセブンはキャラもストーリーももちろん大好きだったんですけど、

有名なデザイナーさんが制作に参加されてたので、

ロゴデザインやDVDジャケットなどにとても力が入っていて興味深かったですね。

好きなキャラクターはタルホ。髪切る前のほうが好きでしたw

 

続編の「エウレカセブンAO」が4月からOAだそうです。

楽しみだなー! 新主人公のアオくんは明らかに

レントンとエウレカの子どもに見えるんだけども、どうだろうか・・・。

 

 

| コメント(0)|