2012.2月

落書き「エヴァンゲリオン」

今回の落書きは「エヴァンゲリオン」の初号機と、碇シンジくん。

こないだ描いたガンダムとは違うシルエットのものが描きたかったので、

独特なフォルムの初号機を描いてみました。

エヴァシリーズでは一番好きなデザインですね。ボディカラーが紫ってのもステキ。

 

去年見た「新劇場版:破」がおもしろかった。旧TVシリーズからストーリーが

大幅に変更されてて、続きが気になってしょうがない。

最新作「新劇場版:Q」が今年の秋に公開予定だそうなので、

今回こそはぜひ映画館で観たいなーと思っております。

エヴァはメカニックもキャラクターも大好きなんで、

プラモやフィギュアが欲しいなぁとずっと思ってるんですけど、

新作映画が公開されるたびに完成度の上がったモデルが

バシバシ発売されるから、いつも買うタイミングを逃してしまうw

もっと良いのが出そうだなぁ・・・みたいな。

テストスーツのアスカが好きなんで、それだけは買ってもいいかな。

 

だいたい週に一回、空いた時間に落書きを描いて載せてたんですけど、

趣味で大きな絵を描いてみたいなと思うようになって。

少しの間、落書きをお休みして、そちらに集中してみようと思っています。

時間はかかりますが、がんばってみます。

仕事以外でオリジナルの絵も増やしておきたいしね。

 

 

| コメント(0)|

2月14日(火)ライスエトセトラ

■ S.H.F.「仮面ライダーフォーゼ ベースステイツ」

待ちに待ってたフィギュアーツフォーゼをゲット!

同時発売の「スタンド&エフェクトセット」と一緒に紹介します。

 

さすがのフィギュアーツ、スタイルはバッチリ。

肩が少し小さいかなーとも思いますが、動きをつけるとほとんど気にならないです。

フォーゼドライバーもちゃんとクリアパーツで作られてます。

足首がダイキャストじゃないのは残念だなぁ。

 

付属品。ロケットとドリルは本体に。

スタンド&エフェクトセットには、ノーマルスタンドとドリル用のスタンド2種。

それからロケットの噴射エフェクトと、オン状態のドリルスイッチ。

噴射エフェクトはけっこうな重さで、

スタンド2本使わないとさすがに保持できないです。

 

第一話のキック後決めポーズも再現。ボクはこの形で飾ってます。

もう少し前傾姿勢にしたかったんだけど、ポージング難しいなぁ。

 

FMCSフォーゼと比較。これも購入時は良い出来だなーと思ってたんですけど、

並べるとさすがに差を感じますね。

ただ、この児童向けアクションフィギュアシリーズは毎年素晴らしい

進化を魅せてくれていて、次回もこっそり楽しみにしてたりします。

 

最後はDXパワーダイザーさんと。

主人公ライダーってことで、なかなか気合いの入った出来になっております。

フォーゼ好きな方にはオススメですね。

5月のマシンマッシグラーはどうしようかなと悩み中。

造詣はやっぱりSHFのほうが良いけど、パワーダイザーさんが気に入ってるので

互換性ないなら見送ろうかなと思ってます。

 

■ ゲーム体験版三昧(PS3編)

しばらく触ってなかったので、体験版がいっぱい出てた。

大画面でプレイするのは久しぶりだったなー。時間があればもっと遊びたいんだけどね。

「バイナリードメイン」(写真左上)

セガの龍が如くチームの最新作。近未来が舞台のアクションゲーム。

初心者でも遊びやすいための工夫が散りばめられて好印象。

やってみると操作もそこまで複雑ではなく、派手な戦闘が簡単に楽しめます。

それでも的外れなところにバズーカ撃ち込んだりするのがボクですが・・・w

TPSに敷居の高さを感じていた人には、うってつけの良作だと思います。

ただ、「龍が如く」はアクの強いキャラクターと世界観が魅力の一つだと

思っていましたが、今作ではそこがちょっと控えめに感じました。

どちらかというと、キャラはステレオタイプな性格が多いかも。

そのへんはチームの魅力をもっと出しても良かったんじゃないかなと思いました。

「タイムリープ」(写真右上)

ちょっと感動する系の恋愛アドベンチャーゲーム。

写真では止め絵に見えますけど、これ、3Dモデルの美少女たちが

常に動き続けています。これはスゴイ。

女の子たちが歌って踊るPVのオマケが付いてて笑いました、

あれはちょっと恥ずかしいなw

「PixelJunk サイドスクローラー」(写真左下)

懐かしい横スクロールシューティングゲームをHDで、というコンセプト。

画面の上下左右がブラウン管のように歪んでいます。こういうのは好きだw

レーザー、マシンガン、ボムを使い分けて進めていきます。

音楽もテクノっぽいサウンドで、映像と相まってとてもオシャレ。

ちょっと単調には感じるけどね。携帯機でもやってみたいな。

「アスラズ ラース」(写真右下)

遊んだ4つの中では一番好きだった。

カプコンが福岡のサイバーコネクトツーと組んだアクションゲーム。

キャラクターや世界観がかなり独特で、そして妙にアツいw

ムービーを挟みながらそのままアクションへ流れていく作りで、

シチュエーション限定の中でプレイすることが多かった。

これは体験版だからかな?

エフェクトもかなり派手なんで、遊んでてとても気持ちいいです。

CC2の松山さん大好きなんで、がんばってほしいなw

 

 

| コメント(0)|

2月12日(日)週末イロイロ

■ ギョウザをつくる。

モモさんと一緒にギョウザ作りに挑戦。小さい頃に一度やったくらいなもんで、

うまく出来るか不安だったけど、そのへんはセンスとかノリとかで乗り切る。

 

左がボク、右がモモさんによる作品。

皮の閉じ方がイマイチわからなかったので、閉じたあとに

ウネウネと折れ目を付けてギョウザっぽさを演出するという意欲作。

斬新すぎてモモさんに「下手だねぇ」と言われた。

わかってない、女子はアートをまったくわかってない。

 

どんな形でも焼けばそれなりに旨いのさ。

ボクの作ったのだけ餡を詰め過ぎてて焼くのに時間がかかった。

実家の両親と一緒に美味しく食べました。また作ろう。

 

■ コミック版「TIGER & BUNNY」1巻


コミック版タイバニの1巻。単行本化されるのを待ってました。

細かいシーンが省略されてはいるものの、ストーリーはほぼアニメと同じです。

とてもキレイな作画で読みやすい。ヒーロースーツ描くの大変だろうになぁ・・・w

コミック版ではヒーローたちのタイアップロゴマークはナシ。

漫画ならではのおもしろさもあるので、ファンの方にはオススメです。

虎徹、バーナビー以外のヒーローを掘り下げるエピソードなども

描いてくれると嬉しいですね。

 

■ 「謎解きはディナーのあとで2」

東川篤哉さんの人気作品「謎解きはディナーのあとで」の続編。

今回もノリはそのまま、ポップで気軽に読めるミステリーに仕上がってます。

登場人物を魅力的に描くのが本当に上手だなー。

ただやっぱり、ミステリー作品が好きな方には少々物足りないかとは思いますが。

次作では、前後篇に分かれるような大きな事件も出てきてほしいな。

今の雰囲気がウリなんだろうけど、やっぱり飽きてきちゃうからね。

こういうキャラクター勝負の作品では、適度に刺激やカタルシスを味あわせてほしい。

帯で隠れてた風祭警部が、普段の中村さんの絵柄と違って笑ったw

 

■ 今週のスーパーヒーロータイム

「海賊戦隊ゴーカイジャー」

ゴーカイジャーもいよいよ最終回直前。

最後の最後までゲストが登場するのはすごいな。さすが35周年。

手にした宇宙最大の宝を捨ててしまったけど、

ザンギャックの大艦隊を前にどうやって勝つのか、楽しみですね。

「仮面ライダーフォーゼ」

遥先生のキックはミスリード、ペガサスの正体は落研の鬼島くんでした。

そしてまさかのホロスコープス進化。キャンサー(蟹座)ゾディアーツに。

どんな能力なのか気になりますね。

しかし蟹座か・・・ どうにもすぐに退場してしまうようなイメージが・・・

デスマスク的に・・・

今回はスイッチを惜しみなく使ってましたね。まさかのウォーター再登場。

ステルスやビート、ハンマーも。ステルスはもっと使えばいいのなぁw

マグネットステイツ、見た目はおもしろいんだけど、あまり動きがないせいか

地味な印象。何か他のスイッチと面白い組み合わせとかしてほしいところ。

次回のキグナスゾディアーツ、良いデザインだなー。

 

 

| コメント(2)|