2012.1月

1月6日(金)ライスエトセトラ

■ ダンボール戦機 LBX「イフリート」

ダンボール戦機アニメもいよいよ佳境ってことで、

レックスの専用LBX「イフリート」が登場。

 

さすがラスボスなだけあってボリュームと存在感がすごい。

背中のウイング?と尻尾を合わせたらけっこうな大きさ。

くっ!また飾るスペースを圧迫するLBXか・・・。

可動範囲はそこまで広くないんですけど、素立ちでもなかなか画になります。

クリアパーツも目立つところに使われていてとても効果的。

重心は後ろだけど接地がしっかりしているのでほとんど傾きません。

男の子が惹かれそうな意匠がふんだんに詰め込まれていてカッコいい。

 

アタックファンクション!

オーディーンやゼノンと一緒に飾りたくなるパワフルなLBX。

ゼノンはまだ保留してます。またマント自作せなならんので・・・。

 

■ ヌルゲーマー、ハンターに復帰する

ちょっと乗り遅れちゃいましたけど、やっとこさMH3Gと拡張スライドパッドを購入。

スライドパッドはどうしようか迷ったけど、プレイ済みの方からかなり評判良かったので。

これで以前のメインウエポン弓もいけそう。

でもとりあえずはスラッシュアックスから始めるつもりです。

今回は弟たちと遊ぶ予定なもんで、ソロで戦いやすい武器を優先することにしました。

明日さっそく集会所のキークエを消化していくので、

このあとすぐモガの村に向かうのであります!水中戦ひさしぶりだー。

 

■ 「シュタインズ・ゲート 蝶翼のダイバージェンス:Reverse」

アニメ版のシナリオを紅莉栖の視点から追うスピンオフ作品。

旅行中に読了しました。

ゲーム本編はオカリンの主観でお話が進むので、タイムリープの際も

リーディングシュタイナーのおかげでストーリーが繋がるんだけど、

紅莉栖視点だと世界線が切り替わった瞬間にオカリンの言動が急変したりして、

世界線移動後の人物たちの心境がよりわかるようになっています。おもしろい。

ゲームクリア済、もしくはアニメ視聴前提の作品です。

続きが発売されてるみたいなんで近いうちに読もうと思ってます。

最近ちょっと活字から離れてたんで、これを機にまたミステリーを読み漁りたい。

遠出するときは、やっぱ本に限るなー。

 

 

| コメント(2)|

あけましておめでとうございます

2012年、あけましておめでとうございます!

元来フワフワした人間ですので、大層な抱負など持ち合わせておりませぬが、

去年成し遂げられなかったことは、今年も必ずチャレンジしたいと思っております。

ゆるくて不格好だけど、ほんの少し前向き。

そしていつも健康であること。家族を大事にすること。

そんな“当たり前”を大切にする一年でありたいと願います。

 

※明日から3日ほど、私用のため連絡が不通になります。

ご用の際はメール、ツイッターのリプライ・DM、

もしくは、こちらのコメント欄にお願いいたします。

またお正月休み後に元気にお会いしましょう!

 

家族旅行前日にして、ついに我が家にすごいヤツがやってきた。

よーし、写真はボクにまかせておきな。

本当のカメラってのを見せてやるぜっ!!(レンズのフタを閉めたまま)

 

 

| コメント(2)|