2011.12月

スーパーマリオ3Dランド

「手軽に気軽に3Dマリオ」

3DSにも、やっとマリオ新作がやってきました。

立体視をフルに活用した新感覚のアクションゲームに仕上がってましたよ!

 

■ 良かった点

3Dのマリオってことで、サンシャインやギャラクシーみたいな

操作感をイメージしてたんですけど、ちょっと違います。

2.5次元とでも言えばいいのか。

画面の奥まで進める2Dマリオという表現が近い。

3Dマリオに抵抗のあった人でも、すんなり操作に慣れると思います。

 

裸眼立体視ならではの空中落下がおもしろい。

今回も様々ステージが用意されていますが、

多くの面で高〜いところから落下する場面があります。

奥行きまでしっかりと認識できるので、背筋が凍るあの感覚を味わったりw

たぬきマリオじゃないと進めなかったところもありました。

個人的にはファミコンをイメージしたレトロ調のステージが嬉しかった。

曲も今風にアレンジされていてステキでしたよ。

 

1周目はアクションが苦手な人への救済アイテム「無敵たぬきマリオ」があり、

とりあえず誰でもエンディングまでは到達できるようにはなっています。

・・・それでもボクは苦戦しましたが・・・w

1UPできる場面も多く、よほどのことがない限りゲームオーバーにならないでしょう。

ただ、2周目は難易度の跳ね上がった裏ステージが登場します。

表ステージと変わらないステージ数です。

これは無理、ボクには無理w

なんとかクッパを撃破できたので、それで満足です。

 

■ 改善してほしい点

今回のマリオ3Dランドにおいてマリオがミスになる理由はほぼ落下。

敵の配置も多くなく、先ほど述べた無敵たぬきマリオがあるので

雑魚敵にやられることはほとんどなかったですね。

このへんはちょっとワンパターンになりやすいなと思いました。

敵キャラの意味も薄まっちゃいますしね。

3Dマリオの課題な気がします。難しいですね。

他の3DSのアクションタイトルと比べると視野角が広く、

プレイ中に本体が動いてもブレは少ないほうのソフトですが、

それでもやっぱりブレるときはブレます。

気になる人は最初から3Dボリューム少なめがオススメです。

 

色々差し引いても、3DS本体を持っているのならば買って損のないタイトル。

立体空間の中を走り回るおもしろさを、ぜひ体感してほしいですね。

 

 

| コメント(2)|

12月18日(日)週末イロイロ

■ 映画「仮面ライダーフォーゼ&オーズ MOVIE大戦MEGA MAX」

今年で3作目となる年末のライダー映画MOVIE大戦。今年も観に行けて良かった。

公開直後からライダーファンの間でとても評判が良くて、超期待してました。

「メガ盛り!」と銘打っているだけあって見せ場がてんこ盛り。ジェットコースター。

休む間もないほど、めまぐるしくストーリーが展開します。

一緒に観に行ったモモさんが終わったあとにちょっと疲れてて笑ったw

 

オーズはあのキレイに終わった最終回を壊すことなく、自然な形で

オーズとアンクを復活させ、さらに今後の劇場版にも登場できるような形に

持っていってました。お見事!

ついこないだまで見てたのに、懐かしく感じたなー。

フォーゼ編の見どころは、やっぱ仮面ライダーなでしこ。

かなりブっ飛んだデザインの女性ライダーですが、これが動くとかわいい。

いいキャラだったので、映画だけで終わるのはもったいないな。

プレミアムバンダイ限定で良いからぜひ立体化を!!

それから仮面ライダーWの翔太郎とフィリップがゲスト出演。

フォーゼの弦太郎とは初対面だったんですが、最初のやりとりがかなり面白いです。

今回のMOVIE大戦はとても満足度の高い仕上がり。ライダーファンならぜひ劇場で!!

 

入場者プレゼントのガンバライドカードと、実はちょっぴり欲しかった

仮面ライダー部のステッカーげっと。コルクボードに飾っとこう。

 

■ 甥っ子×2 VS 31歳特撮オタク対戦

5歳児・2歳児とガチで戦うおとなげない31歳。

この世は世知辛いんだぜという現実を、今のうちから見せておかねばならない。

圧勝というものがどういうことか・・・自らの身を持って体験するがいいっ!!

===結果:2勝1敗(辛勝)===

・・・ふっ・・・少し手を抜き過ぎたようだな・・・(半泣)

 

■ 「銀の匙」2巻

荒川弘さんの新作「銀の匙」最新刊。楽しみに待ってました!

いやーおもしろいわ。何だろう、長文じゃないのに台詞にすごく惹きこまれるんだよね。

言い回しか、間の取り方か。鋼の頃からそうだけど、スっと頭に入ってくるなー。

とても柔らかな言い方で、“こうじゃなきゃいけない!”なんてことは

この世にはないって言ってくれてる気がして読んでて気持ちがいい。

鹿の解体作業のシーンは重すぎず、押しつけもなくとても良いお話だった。

こういう表現があるんだなーと目から鱗でした。すごいなー。

とてもピザが食べたくなる第2巻。超オススメです。

次巻は春ごろとのこと。待ち遠しい。

 

■ 今週のスーパーヒーロータイム

「海賊戦隊ゴーカイジャー」

ドン・ドッコイヤーさん大活躍の回。ハカセがんばった!

技もロボ戦も戦力フル動員でしたね。ダマラスさんはやっぱ強かった。

バスコの本当の狙いがわからない。完全な敵ではないということかな?

これで初期のザンギャック軍生き残りはインサーンのみ。

1月の最終回に向けてどう盛り上げていくのか、楽しみですね。

「仮面ライダーフォーゼ」

今回登場のペルセウス・ゾディアーツこと元山くん。

ユウキの歌にキレすぎで笑ったw

歌の内容はともかく、歌声はなかなかのものだと思うんだがw

ゾディアーツ幹部たちの狙いがようやくわかってきましたね。

現在はリブラ(天秤)、スコーピオン(蠍)、レオ(獅子)、バルゴ(乙女)の4体。

ラストワンが進行することの弊害はコレか。これまではスイッチ壊すと

元に戻ってたから、止めずに倒せばいいんじゃ?と思ってたけども。

次回はついに、第2のライダーが登場。

映画でチラっとアクションシーンを見ましたが、これまでシリーズに

いそうでいなかったタイプのライダーです。どんな性格のヤツなのかな。

 

 

| コメント(0)|

12月16日(金)ライスエトセトラ

■ メディコム・トイ RAH「仮面ライダー555(ファイズ)」

ついに我が家にメディコムのファイズがやってきた!!

さすがの完成度に興奮だ!うおぉぉー!!

 

スタイルばっちり、劇中そのまんま。

素体にスーツを着せている作りなので大きな可動はちと厳しいですが、

素立ちでも画になるなー。ガシガシ動かさないボクはこれだけでも大満足です。

 

「Ready」

 

「EXCEED CHARGE」

 

クリムゾンスマッシュ!!

ファイズ特有の足裏モールドもしっかり再現。ファンにはたまらない!

ちなみにこのキックポーズ、魂STAGEのスタンド3つを駆使して再現。

神バランスが発動した瞬間わずか3秒で撮影しました。がんばった。

 

メディコムライダーはこれで5体目。並べると感動するなぁ。

高額なのでそんなにポンポン買えないですが、少しずつ揃えていきたいですね。

次はオーズかキバか・・・。フォーゼが出たら早めに手に入れたいな。

 

■ 「進撃の巨人」6巻

調査兵団に入ったエレンたちが、圧倒的な戦力を誇る巨人たちに対して

どう対抗するのかが描かれる6巻。

ミカサの活躍がなかったのはちょっと残念だったなーw

明らかに知性がある女性型巨人の正体は何なのか。

くはー、いいとこで終わるなぁ!続きがめっちゃ気になる。

伏線を少しずつ回収していってる途中なので序盤ほどの盛り上がりはないものの、

巨人に対する知識が少ない主人公たちと同じ目線で

丁寧に謎が明らかになっていくから引き込まれますね。うまいなー。

表紙帯には話題になってた映画化のことが。

監督はなんと中島哲也さん。予想外だったw

漫画はまだまだ続くだろうに、映画の結末はどうするんだろうか。

期待と不安が半々ですね。中島監督らしいブっ飛んだ映像を楽しみにしたいですが。

 

 

| コメント(0)|