2011.10月

ブックカバー展「BOOK at ME.」

天神イムズで今日から開催されたブックカバー展「BOOK at ME.」に行ってきました。

今年もステキな作品がたくさんありましたよー。

クリエイターさんによってアプローチがまったく違うから、とてもおもしろいです。

 

制作者のコメント、インスピレーションをうけた本が一緒に紹介されています。

こちらはボクがパっと見で気に入った4作品。

ドット絵を使ったカバーが2つもあったよー!魅せ方の一つとして定着してて嬉しい。

メッセージ性の強い作品よりも、他人が付けてるとうらやましくなっちゃうものが好きです。

 

中には旬の題材をパロディにした作品もあります。

これは「もしドラ」をパロった「もしトラ」w

イラストのチープさが一部の層を狙い撃ちしていておもしろいですね。

 

アンケートに答えると、ブックカバー10枚セットがもらえます。

また、会場にはタブロイドが置いてあり、そちらに全作品が掲載されています。

興味のある方はぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

Book Cover Exhibition 2011 BOOK at ME.

 

| コメント(0)|

落書き「ドラえもん のび太と鉄人兵団」

なんかよくわかんないけど突然描きたくなったので。

今週の落書きは「ドラえもん のび太と鉄人兵団」より、

リルルとドラえもん、そしてザンダクロス。

ザンダクロス描いてたら、みんなから

「ガンダム?ガンダム?」と聞かれまくりました。

うん、確かに似てるかなw

カラーリングはガンダムだけど、顔の造詣は百式かなぁ。

 

ドラえもん映画は小さい頃よく観に行ってましたね。

一番を選ぶのは難しいけど、この「鉄人兵団」と「大魔境」、「海底鬼岩城」、

「パラレル西遊記」あたりが好きかなぁ。あ、「日本誕生」もいいなぁ。

武田鉄矢さんの主題歌がすごく良くて、今もたまに聞いてます。

歌詞がとてもいいんですよ。

「リトルスターウォーズ」の「少年期」は名曲!

 

2012年3月に、新作映画が公開されます。

ドラえもん のび太と奇跡の島〜アニマルアドベンチャー

今回はリメイクではなく、完全新作のようですね。

これも観に行きたいなー!

子どもがすごく多いので、オジさん浮いちゃうんですけどねw

いくつになってもおもしろいものはおもしろい!

 

| コメント(0)|

AKIBA’S TRIP

リアル秋葉原×吸血鬼×ありえないバトル

大好きな街「秋葉原」を舞台にしたアクションゲーム。

吸血鬼は日の光に弱い=脱がす!っていう発想がアホらしくて素晴らしいw

ずっと遊んでみたかったんですよね。

 

■ 良かった点

これはもう、秋葉原という街を自由に歩けるという点ですね!

エリアチェンジはあるものの、名所っぽいところは抑えています。

アソビット・シティやヤマダ電機など、実在店舗とのタイアップで

プチ観光気分を味わえますよ。

ラジオ会館の前まで行けたらもっと良かったのになぁ。

戦闘は「カゲヤシ」と呼ばれる吸血鬼とのストリップバトル。

打撃である程度ダメージを与えてから、

表示されたボタンを押してガンガン脱がしていきます。

コツを掴むまでちょっと戸惑いますけど、慣れると

コンボが繋がって気持ちいい。続けて脱がすとおもしろいw

オタク男性からメイドさんまで大抵脱がせます。

中盤からは奪った服に着替えることが出来るようになり、

さらにイベント後には女性服で女装もできます。

頭はそのままなのでかなり危ない見た目になりますがw

ストーリーはカオスで笑えるものなのかなぁと思ってましたが、

意外や意外、メインルートはかなり良いお話です。

ヒロインの瑠衣がとても良い子。

キャラクターイラストもすごくキレイでいいですね。

オフィシャル本欲しいなー。

 

■ 改善してほしい点

アイディアも着眼点もすごく良いゲームなんだけど、惜しい点がたくさん。

一つは頻繁に入るロード。インストールしていてもかなり多い。

アキバの街は完全なオープンワールドではなく分割されているのですが、

マップに戻るたびに読み込みますね。ちょっとテンポ悪いです。

それから、大人数で戦闘になったときのラグが大きい。

一生懸命動かしてたらいつの間にか脱がされてたり。

そしてボクが何より残念だったのは、キャラクターのCGモデル。

なんていうか、うん、かわいくないんだコレがw

イラストあんなにステキなんだから、もう少しがんばって再現してほしかったなー。

もしくはデフォルメでも良かった。

どっちつかずなグラフィックだったのが残念でしたね。

色々書きましたが、ゲームとしての試みはとてもおもしろいと思います。

これはもうぜひ、続編でも新作でもいいからこの流れを汲んだ

ゲームが遊んでみたいですね。次回作に期待!

 

| コメント(0)|