2011.8月

ダンガンロンパ

「オマエラ、これより学級裁判を始めます」

発売前はどんなゲームなのかサッパリ知らなかったんですけど、
新感覚のADVゲームということと、大山のぶ代さんが出演されてるということで
めっちゃ遊んでみたくなったんです。そして期待に応える出来!

■ 良かった点
これまで遊んできたどのアドベンチャーゲームとも違いますね。
シーンによってはアクションゲームに近い。
操作パートで様々な推理や証拠を集めて、裁判パートで「言弾(コトダマ)」として
相手の証言の中にある矛盾をズバーン!と撃ち抜きます。
これがまた派手な演出でなかなかの爽快感。
通常の裁判の他にも「閃きアナグラム」や「マシンガントークバトル」など、
従来のADVにはない斬新なアクションを求められます。
ストーリーも常にプレイヤーを裏切る展開。おもしろい。
初っぱなが一番驚いたかな。まさかあの人が最初の犠牲者とは。
今発売されているPSPのアドベンチャーゲームの中では
一番オススメですね。これは断言できる。
ただ、ブラックユーモアやエグい設定が多々あるので、
苦手な人やお子さんにはちょっと薦められないかな。

■ 改善してほしい点
全体的にとてもおもしろい作品なんですけど、裁判パートの
「マシンガントークバトル」は正直イマイチだったかな・・・。
リズムに合わせてボタン押すだけなんで、推理になってないような。
ゲームテンポに変化をつけるために必要だったのかもしれませんが。
それから、裁判中にセーブが出来ないこと。
多分、簡単にやり直せると難易度下がっちゃうからだと思うんだけど、
お手軽さが携帯ゲーム機のウリだからなぁ。そこはちょっと困った。

色々言いましたが、とても斬新で非常によく出来たゲーム。
ぜひたくさんの人に遊んでみてほしいですね。おもしろさ保証します!
続編出てほしいなぁ。ちなみにボクは霧切さんが大好きです。

| コメント(0)|

ポケットモンスター ブラック

「理想の白か?真実の黒か?」

実はこれまでポケモンは一度もプレイしたことがなかったんですが、
今作はすべてのポケモンが新規デザインということで、いいきっかけなんで遊んでみました。

■ 良かった点
シリーズの歴史が長いだけあって、とても良く出来たRPGですね。
ストーリーはあっさり目ですが、序盤からポケモン集めに夢中になってしまいます。
新しくもあり、レトロ感も味わえる独特なドット絵がたまらない。
適度にイベントも発生して、物語を盛り上げてくれます。
各街にいるジムリーダーたちもみんな個性的でステキだ。
これまでの作品を遊んでないんでわかんないんですけど、
今回からバトル中にポケモンが動くようになったらしいですね。
レベルを上げてポケモンが進化したときはむっちゃ嬉しい!
どうやらボクはこういう収集育成ゲームがツボらしい。DQMJ2もハマったし。
まだやり込み要素を全然楽しめてないんで、しばらくしたらまた
再開しようかな。とても良いゲームです。

■ 改善してほしい点
前作と比べようがないんでハッキリとは言いづらいんですけど、
DS下画面にあるCギアの使い勝手があまり良くないと感じました。
パっと見、どれが何なのかよくわかんなかったんですよ。
シリーズやってないからなのかな。
説明書読まなくてもわかるほうが助かるんで、このへんもう少し
親切な作りにしてもらえるとありがたいですね。
ポケモン交換をしようとして時間かかっちゃいました・・・。
それ以外は本当によく出来てる。未プレイの方にもぜひオススメしたいですね。
子ども向けの印象ですが、大人でもかなりハマりますよ。

| コメント(0)|