ミニ日記イラストまとめVol.8

20171021

憧れの人の見た目を真似てみてもそう簡単に中身までは変わらないが、

自信や勇気をもらえることもある。

 

 

 

20171101

少しくらい強引だったり、多少辻褄が合わなくても、

頭の中に広がる世界を現実で表現する創作はとても楽しい。

 

 

 

20171109

制服着用でも自由にチョイスできる靴下は、

自己アピールポイントとして最高のアイテム。

 

 

 

20171113

古くからの友人と再会したときに、

話したいことがたくさん出てくるような毎日を過ごしていたい。

 

 

 

20171115

マントやマフラーは無条件で誰しもがカッコよくなれるアイテムだけど、

なかなか思惑通りにたなびいてくれない。

 

 

 

20171117

誰しもが現実と空想の世界を行き来できるわけではないが、

その旅行を楽しんでいる人に連れて行ってもらえることもある。

 

 

 

20171121

世の中にはたくさんの変身ポーズや決めポーズがあるので、

少し間違えただけで別のキャラに変わってしまうから気をつけたい。

 

 

 

20171124

たたかいごっこで水中戦が可能なソフビは素晴らしいフィギュア。

 

 

 

20171129

大好きなものを目にすると、こみ上げる気持ちが言葉になって

こぼれてしまうこともある。

 

 

 

20171201

クロスオーバーによる強さ比べ妄想は、昔も今も変わらず楽しいエンターテイメント。

 

 

 

20171206

「かっこいい」や「かわいい」の基準は時代と共に移り変わるので、

意外なものに華やかなスポットが当たることもある。

 

 

 

20171208

おもちゃ屋さんは、どこよりも早く子どもを

一人前のお客さんとして扱ってくれる紳士なお店。

 

 

 

20171212

「普段はできないこと・怒られるけどちょっぴりやってみたいこと」を、

擬似的に叶えてくれるのもおもちゃの魅力。

 

 

 

20171215

熱血漢も怖がりもクールもぶっきらぼうも、でこぼこの個性を認め合うから、

ヒーローチームはいつも強い。

 

 

 

20181218

ヒーローの戦いを一度は生で見てみたいけど、安全に確実に

カッコいいアングルでヒーローを見れるのはやはりテレビ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>