映画「シン・ゴジラ」イラストと感想、そして「ゴジラ展」

godzilla_eiga

映画「シン・ゴジラ」、公開週に見に行くことができました。

ここ数年なかなか映画館に行く機会が作れていないんですけども、

久しぶりにチョイスした映画がこのシン・ゴジラで本当に良かったなと

思えるほど、見応えのある作品でとても嬉しかったです。

 

ネット上では内容に関して考察を交えた様々なレビューが飛び交っておりますが、

さすがにそれらと肩を並べられるような文章を書くことはボクには

無理ですので、自分なりのイラストと簡単な感想で記録しておこうと思います。

 

 

godzilla

ゴジラを描いたのは今回が初めてです。

パンフやインタビュー記事を読んで、シン・ゴジラのデザインに対するこだわりを

自分なりのタッチに落とし込んでみたのですが、いかがでしょうか。

もっと極端に手を小さくしても良かったかなぁ。

 

 

 

 

以下、作品内容を想起させる文章を含みますので、

映画鑑賞前の方はぜひ本編をご覧になってからお読みください。

 

 

 

 

これまでのゴジラ映画ほとんど見ていなかったので、

あくまでゴジラというキャラクターとしての認識しかなかったんです。

実際シリーズの解説を追いかけてもそういった印象だったんですけど、

今回はこれまで以上に、怪獣という名の「災害」的な描写に特化した

作品になっていたなぁと思いました。

あの陸に上がってきた第2形態を見たときの衝撃ですよ。

そこから色々まき散らしながらの進化。

もうほんとね、驚いたけどすんごい気持ち悪かったですゴジラw

 

リアリティとフィクションのバランスがとても上手だなぁと感じました。

構図やカットは、アニメっぽいなと思いながら見ていたのですが、

ゴジラ災害による経済の動きや、放射能に対する世間の反応、

直接的な死の描写がないからこそ働く被害に対する想像など、

徹底したリアリティでフィクションを包み込むことで

本来なら荒唐無稽になりかねない怪獣による被害を、

現実的なものだと認識させられてしまいます。

現実世界にいる観客に、リアルなフィクション世界への入り口を

たくさん設けているんですよね。

 

ゴジラの熱線放射のシーンなんて、そこまでの積み重ねの効果が

すさまじく発揮されている場面だと思います。

爆発や破壊のシーンなんてアニメ漫画で見慣れてるはずなのに、

もう勘弁してくれ… という気持ちにさせられました。

 

ラストのヤシオリ作戦は、一転してエンターテイメント。

割り切りがすごいですよね。大変話題になった無人在来線爆弾や

ビル爆破の足止めなんか、もう見ててめっちゃ痛快でしたもん。

これまで(過去シリーズにおいても)ゴジラに破壊される対象でしかなかった

現代日本のビル、乗り物、科学などが、

あのゴジラに対して徹底的に逆襲しているんですから。

 

映画公開前に予測された「CGゴジラ VS 着ぐるみ論争」や、

そもそもの邦画へのバッシングなど、低い次元での言い争いを軽く飛び越え、

作品からのメッセージや残された謎に対する考察で盛り上がっているという、

往年のゴジラファンの多くが感無量な結果になったんじゃないかなと思いました。

どんな作品だって賛否はあるだろうけど、ここまで世間にその名を轟かせる

ことができたのですから、シン・ゴジラ大成功ですね!

今後も新しい怪獣映画を期待できるのではないかと思います。

 

 

godzillaten1

godzillaten2

godzillaten3

godzillaten4

映画も無事見ることができたので、福岡特撮オフ会のみなさまと一緒に、

福岡市美術館で開催中の「ゴジラ展」を見に行ってきました。

一部撮影可能だったコーナーのみ掲載しておきます。

改めてシン・ゴジラと比べると、ヒロイックに見えますねスペースゴジラ。

貴重な当時のスーツ(着ぐるみ)や設定原画、コンテ、スチール写真など、

ボリュームたっぷりの展示で大満足です。

今後そうそう目にする機会はないと思うので、

気になっている方はぜひぜひ足を運んでほしいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>