「藤子・F・不二雄展」に行ってきた。

福岡アジア美術館で開催中の「藤子・F・不二雄展」を見に行きました!

高校の頃に一度だけ福岡に展覧会が来たことがあって、今でも思い出せるほど

鮮明に記憶に残ってるんですけど、静岡にミュージアムが出来てからは

もう来ることはないだろうなぁと諦めていたので、開催の初報を聞いたときは

とても嬉しかったですねー。地を這ってでも行こうと決意しましたw

 

入口をはじめ、会場内にはひみつ道具を持った等身大ドラえもんがいっぱい。

子どもたちやドラえもん世代のお父さんお母さんたちが記念撮影をしていました。

 

会場内はすぐに展示室ではなく、室内型4Dプロジェクションマッピングを使った

アトラクション型のオープニングムービーを見ることになります。

これがすごいんだわ。なかなか見ることのできない貴重な体験ですよ!

 

原画展示ではドラえもん、パーマン、オバケのQ太郎、21エモン、

キテレツ大百科などなど、挙げていけばキリがないほどの有名漫画作品の

貴重な原画が多数展示されています。注意書きや修正跡などが残っていて、

これ以上ないほどの収穫でしたね。独り言で「すげーすげー」と言ってました。

多分かなり怪しいオジさんだったと思います。

一番印象に残ったのは、藤子不二雄A先生と少年時代に共同制作した

「少太陽」という自作まんが冊子。漫画やカットのみならず、

記事や広告まで手描きで仕上げられた本です。

全ページ読みましたが、とてもじゃないが真似できないな。

本邦初公開だそうなので、藤子ファンはぜひぜひ!

 

会場出口付近には有名作家さんたちの寄稿が。

超大御所先生がたくさんメッセージを寄せられてますが、

小畑健先生のエスパー魔美は必見ですぞ。超かわいい。

その先はなりきりキャラ広場。のび太の机の引き出しから顔を出したり、

パーマンのメットを被ったり、Qちゃんの背中に乗って写真を撮れます。

 

物販ではもちろん図録をゲット!フルカラー、展示されていた原画を

網羅しつつ、オマケのペーパークラフトまで付いて800円ほど。

子どものお小遣いでも買えるように、紙質や装丁を抑えた

工夫の塊のような図録です。素晴らしいですね。

 

それから、ミニライスくんへのおみやげにドラえもんとコロ助の

ぬいぐるみ。普段お店じゃなかなか見かけないポコニャンやチンプイ、

ゴン助なんかもあって迷ったんですけど、やっぱ知名度高いほうをセレクト。

もう少し大きくなったときに、見る機会があるかなーと思ってね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>