「さよならヒーロー」(ライスからみなさまへのご報告)

こちらではご報告が遅くなりました。 先週、元気な男の子が産まれました。

母子ともに健康で、とても安心しました。出産にも立ち会いましたよ。

応援してくださったみなさま、本当にありがとうございました。

 

 

ボクの見たヒーローの中で一番古い記憶は、「宇宙刑事シャリバン」という

かっこいい真っ赤なバトルスーツのメタルヒーローです。

毎週地球がおそろしい怪物に狙われるのですけど、彼は異星人であるにも関わらず

自分の身を投げ打って、巨大な悪と戦っていたんです。

彼が救った人の中には、もちろん悪い人間だっていたのだろうけど、それでも

目の前の命は分け隔てなく救うシャリバンの姿に、少年心を熱くさせられました。

 

大人になるにつれ、自分の信じる正義の反対が必ずしも悪なのではないということが

わかって、生きていくことの難しさを知っていくのですけどね。

それでも、出来ればたくさんの人と仲良くしたいし、助けられるものは助けたいし。

勧善懲悪なんてものは絵空事であっても、「ボクの憧れたヒーローならきっとこうするだろう」

なんて考えながら毎日を過ごしてきました。その結果、いまのオタク気質に至るわけですが。

 

 

子どもが産まれた日から、ボクの世界は一変しました。

イラストも趣味も、目標も仕事も人間関係も。

ボクから見える世界は、平等ではなくなりました。

どこまでも伸びると思っていた腕は、小さな手を握ることで精いっぱいになりました。

どうやら、小さい頃からの憧れであった「ヒーローになる」という夢は、

ここで潰えたようです。

ですがそんなに落ち込んでもいません。夢叶ってボクがヒーローになることよりも、

一緒に暮らしていく未来のほうがとんでもなく楽しそうだなと思うからです。

 

男の子だったので、みなさまから「一緒にヒーローごっこできるね!」という

ありがたい言葉をいただきます。ボクもそれはすごく楽しみではあるのですけど、

実際はというと、ヒーローを好きにならなくても、プラモやゲームが好きにならなくても、

イラストを描くことに興味を持たなくても、それはそれで全然良いなと思っています。

ただ、しっかりと「好きだ」と胸を張れる何かを見つけて、毎日楽しく健康に。

そして、これから先の人生で出会う人たちみんなから

「君に出会えてよかった」と言われる人になってくれたらいいなと思います。

 

というわけで、皆様これからもどうぞよろしくお願いいたします。

さぁ、それじゃお父さんは2人が帰ってくるまで、「大好きな」プラモを作ろうかな。

それとも「大好きな」ゲームにしようかな。うむむ。

 

 

 

コメント(2)

  1. 大きくなったら昔読んだ物語が違う解釈に取れる事ってありますからね。

    趣味や嗜好も変わってくるし。

    今迄大事にしてきた物よりも大切な物が出来るのは、とても尊い事だと思います。

    それでも前から好きな物は変わらずお好きでしょうし、そうやってライスさんの好きな物がこれからもどんどん増えていったら素敵ですね\(^o^)/

    奥様と新しい家族さんとこれからも仲良くお過ごし下さいませ。

    改めておめでとうございます

  2. rice

    >なんくるちゃん
    なんくるちゃんありがとうー!
    これからもライダーやプラモは大好きのままだと思いますがw
    モモさんと子どもと一緒に新しい楽しいことを見つけていけたら
    いいなぁと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>