「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」に行ってきた。


名刀の産地・備前長船の刀剣博物館と、ヱヴァンゲリヲン新劇場版が

コラボレーションした展覧会「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」を見てきました。

伝統を重んじる刀剣会が「ヱヴァンゲリヲン」からのインスピレーションを受け、

ヱヴァに登場する現代的デザインの刀剣を伝統の技で製作。

かなり斬新な企画展で開催前から楽しみにしていました。

実際に行くまでどんなものなのかサッパリ想像できなかったけどw

 

こちらは「ビゼンオサフネ」。エヴァのアナザーストーリー内で登場する武器ですが、

これは「備前長船」という実在の刀をモチーフにデザインされていたもので、

今回逆輸入のような形で刀匠の手により作成されたわけです。おもしろいなー!

写真じゃわかりづらいですが、実物はとても重量感があってカッコいいですよ。

 

こちらは式波・アスカ・ラングレーをイメージして作られた短刀。

最大の見どころは、刀身の根元に彫刻されたプラグスーツ姿のアスカ。

日本刀の歴史上においても、人間の女性が造型されることは

きわめて異例なことなのだそうです。うん、いやそうだろうと思うw

展示ブースの上には、この短刀を持ったアスカのイラストと刀匠の紹介が。

 

その他にも、全長332cmのロンギヌスの槍や、初号機をイメージした兜、

劇中そっくりのプログレッシブナイフなど様々な展示があります。

また、会場入口付近では日本刀を持つことができるブースがあって、

ボクは生まれて初めて実物を手にしたのですけどむちゃくちゃ重い!

持ち上げることは出来るけどこれを持ってチャンバラするのは到底無理だなと

感じました。本物の重さを実感。いい経験ができました。

 

図録では展示されているすべての刀剣を詳細に解説。

刀匠へのインタビューやエヴァの作品紹介などもあって見応え十分。

 

会期中はスタンプラリーも開催されていて、会場前とコトブキヤ福岡天神さん、

それからソラリアステージ地下2Fにあるスタンプを集めると、

非売品ポストカードが2枚もらえます。もちろんゲットしましたぜ!!

 

これまで色んな企画展に行きましたが、今回はその中でもかなり異色でしたね。

滅多に見られない作品なので、興味のある方はゼヒゼヒ。

ヱヴァンゲリヲンとコラボすることで、若い人たちへ伝統工芸である日本刀に

興味を持ってもらえるとてもおもしろい企画だなーと思いました。

 

今回も「Picasa」のほうに会場内写真をアップしておりますが、

場内が暗くて相変わらずボケボケの写真が混ざっており申し訳なく・・・。

まぁいいか・・・w 良ければそちらもご覧くださいませ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>