お仕事のラフ絵を紹介

なかなか日記用の落書きを描く時間がとれないので、久しぶりに絵の話題を。

と言っても、イラスト作成途中のラフ絵なんですけどねw

そういえば、完成品以外の絵って載せたことないよなーと思ったので。

 

こちらは先日紹介した小学生文集の表紙ラフです。最終稿とはかなり違ってますが。

最初はこうやって全体の完成図を大雑把に描きます。

頭の中でゴール地点がきちんと見えていると、後の作業がとてもスムーズになるからです。

 

ある程度全体像が見えたら、登場するキャラクターや小物のデザインを

何枚も描いて固めていきます。とにかく思いついたものを描きまくる。

周りの人からは、ほとんど落書きにしか見えないと思いますw

でも、ボクにとっては結構大事な作業だったりします。

頭の中にあるイメージと、実際に紙に描いた絵の印象が違ってることが多いんです。

納得のいくデザインが出てくるまで描き続けます。

 

背景は別にラフを描きました。今回は俯瞰の絵だったので、

建造物のデザインを別に起こしてから全体図に落とし込んでいきました。

落書きでも背景付きの絵を描いてみたいですけど、どうしても時間が

かかってしまうので、なかなか機会がないですね。いつか描きたいな。

 

そして今日、この本の完成品が届きました。

とてもキレイに印刷が出ていました。嬉しいな。

 

この仕事に就くまで、プロの方がどのような過程で絵を仕上げているのか

さっぱりわかりませんでした。ほとんど手探りでしたね。

絵を専攻する学校にも通ってなかったですから。

まだまだ未熟なところがたくさんあるので、これからも素晴らしい絵画や

イラストからたくさん吸収していきたいなと思っています。

ラフ絵も、何かまたおもしろいものが描けたら載せようかな。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>