お仕事イラスト「2011年度 福岡県児童文集」

2011年度 福岡県児童文集「わたしたちの文集」の

表紙イラスト・デザインを担当させていただきました。

今回は「近未来の世界」をテーマに全体を構成。

実は、まだ一度も描いたことのなかった世界観なんですよね。

胸が躍るようなカラーリングと、未来的な曲線を強く意識しました。

こちらは学年別の扉ページイラスト。モノクロで作成。

表紙に登場させることが出来なかった動物たちをこちらに。

個人的にはタコさんがお気に入り。

大きなサイズのイラストは「Illustration」に掲載しています。

そちらもぜひご覧くださいませ。

 

 

イラストの発注があったのは、ちょうど東日本大震災の直後。

「子どもたちを元気付ける&力を合わせることの大切さを絵で伝えられないか?」

最初に頂いたオーダーは、そんな感じのニュアンスでした。

その方向でアイディアを絞っていったのですが、考えれば考えるほど

「そのままを描くのは、少し違うのではないか?」という結論に達してしまう。

大人になってしまった子どもが、今の子どもたちに伝えなくてはいけないのは、

これでもか!ってくらいの希望に満ちた未来なんじゃねーかと思ったからです。

 

叶いっこない夢や妄想を語るヤツを、ボクはどうしても嫌いになれません。

ひろげた大風呂敷はたたむのがとても大変だけど、

普通じゃ入りきれないようなでっかい物も、無駄な物も余計な物も、

ひょっとしたら誰かの物を入れてあげることだって出来るかもしれない。

もしかしたら、この本を見た子が将来すんごい人になって、

誰もが憧れたこんな夢のような世界を作ってしまうかもしれない。

 

ボクですか?

ボクの未来の夢は、空中を走るエアカーに乗ってドライブすることですね。

腰が曲がって入れ歯で髪の毛が寂しくなっても、

最新型のエアカーで颯爽と走り抜けるファンキーなジジイになるのだ。

あと何年先かなー。それが叶うなら、年をとるのもそんなに悪くないね。

未来が楽しみだぜー。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>